アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★前戯の時間が短いことが不満
日付: 2017年11月10日

以下女性からの質問です。

☆☆

4つ年下の彼が一晩に
3回は求めてくるのですが、
各ラウンド時間が短いうえ、
前戯もきちんとしてくれません。
1回を長く楽しみたいので、
ゆったりとした前戯に誘導する方法と、
彼が長続きする方法を
教えてください。
―小百合・24歳―

☆☆

彼が前戯に
時間をかけてくれない
という不満ですが、
恐らく彼は、
前戯という言葉を
知っている程度で、
何をしたらいのか分からない
のだと思います。

良くいえば純粋、
悪く言えば無知だということです。

20歳という彼の年齢を考えれば、
他意はなく、
「セックス=ピストン運動」
だと思い込んでいる節があります。

勃ったら挿れるのが
彼にとっての当たり前なこと。

しかも早漏気味のために、
せいぜい彼があなたを
喜ばせるために考えていることは、
回数勝負。

スローセックスの常識に
照らしてみれば、
戦略とも呼べない未熟なものです。

しかし私は彼だけに
責任があるとは思いません。

この機会に女性に考えて欲しいのは、
「セックスの主導権を
カレに委ね過ぎていないか?」
ということです。

私が男だから彼の味方を
しているのではありません。

フェアーな立場でそう思うのです。

もちろん、
「ベッドでは男性に
リーダーシップを発揮してもらいたい」
と思う乙女心は、
とても尊いものです。

また女性が受け身のときに、
「男性の愛撫に100%身を任せる」
ことは、
性感の集中力を高めるために
とても重要なノウハウのひとつです。

しかし当たり前のことですが、
セックスの本質は「共同作業」です。

私の著書の愛読者でもない限り、
若い男性の多くは、
女性のカラダのことについて
正しい知識をもっていません。

気持ちいいセックスを
するためには、
女性の方から、
男性に教えてあげるべきことは
少なくないのです。

たとえば恥ずかしがらずに
「クンニのときは
クリトリスの皮を剥いて、
そこだけ優しく舐めて」
とお願いすれば、
それだけで彼のテクニックは
目覚ましい成長をみせるでしょう。

また、女性の方から
アダムタッチしてあげるのも、
男性に「前戯の意義と価値」
を伝えるのにとても有効です。

ぜひ一度お試しください。

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る