アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★早漏克服は脳を鍛える
日付: 2017年11月06日

セックスで快感を覚えることを、
「感じる」と言います。

感じるのはどこでしょう。

それは脳です。

しかしつい感覚的に
「皮膚が感じている」
と錯覚をしてしまいます。

この錯覚が早漏を克服できない
要因でもあるのです。

私もこれでさんざん、
失敗した口です。

早漏なのはペニスが弱いからだ。

ペニスを鍛えて強くすれば、
快感に耐えられるはず。

そう考えてしまったのです。

ペニスを乾いた雑巾で
皮が剥けるほど
ゴシゴシ擦ったり、
亀頭がリズミカルな
振動をしないようにと、
裏スジを力いっぱい引っ張って
伸ばそうとしたり、
本当にペニスには悪いことをしました。

感じているのは
ペニスではなく脳なのです。

早漏を克服するのは
刺激に強いペニスを
作ることではありません。

拳を鍛えるために
瓦やレンガを割る
空手家の修行といった、
フィジカルなトレーニングと
同じような意識を
持っているとしたら、
その考えは捨ててください。

どんなに頑張っても、
ペニスの皮を
厚くなどなりません。

物理的な刺激に対して
強くなるのではなく、
快感に耐えられる
脳の神経回路を作り、
長持ち力をアップさせることが、
大切なのです。

私が推奨するペニス愛撫法には
大きく2つの特徴があります。

まず1点は、
「亀頭がメイン」ということです。

2点目は、
「ソフトな愛撫」です。

ペニスの中で最も敏感で
もっとも感じやすい亀頭をメインに
マッサージすることで、
快感を存分に享受しつつも、
射精に突き進まないのです。

一言でいえば「快感を楽しむ」ということ。

早漏克服のトレーニングは、
その道程にいくつか
乗り越えなければならない
壁がありますが、
決して修行僧の苦行のような
ものではありません。

常に快感と共にある、
気持ちいいトレーニングなのです。

そしてここがとても大切なのですが、
「快感を長く楽しむ」ことで、
「快感に耐えられる脳」が
形成されていくのです。

鍛えるべきは、
ペニスではなく脳である。

そのこのことをしっかりと
頭に叩き込んでおいてください。

具体的な方法は
DVD教材で指導しています。

ぜひ早漏を克服し
男としての自信をつけ
女性を満足のいくまで
愛してあげてください。
DVDの購入は以下より。

VOL.5 自由自在!!射精コントロール法 DVD版
http://adam-tokunaga.com/ec/

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る