アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★モニターレポート小林美鈴編(8)
日付: 2017年10月29日

昨日からの続きです。

☆☆

私がギブアップして少し休憩。

先生ご自身は、
「私は、イッてもイカなくてもいいんだ」
とおっしゃっていましたが、
噂の雄叫びを
目の当たりにしてみたくて、
「先生がイクの見たい!」
とねだってしまいました。

そのリクエストに
答えてくださってまた挿入。

その後は騎乗位を
かなり長くがんばりました。

私は座位と騎上位が好きなので、
気持ちよく楽しかったです。

汗だくになりながら、
でも動き続ける私に先生は、
「体力あるねー」と
冗談っぽく茶化したり、
他愛無い会話を交わしながら
挿入を楽しんだり。
でも感じ合う時は
目を閉じて集中した方が
より深く感じられるよと
教えていただき、
その通り実践してみると
より良い深い快感を得られました。

バックスタイルの時、
女性は股を大きく
広げるものだと
思っていたのですが、
閉じたままで色々な
角度からの挿入が施されたのは
新鮮な発見でした。

バックは私にとって
痛みの出やすい
体位だったのですが、
全然痛みはなく
逆に気持ちがいいのです。

しかもバックからの挿入に
色々な角度を付けられる事に
驚きました。
洗面所の鏡越しに
自分たちのセックスや
表情を見ながらの行為も
興奮しましたし、
横向きでの後ろからの挿入も。

そして正常位に戻る過程での
少しずつの体位の変化……。

特に両足を真っ直ぐ上にあげられ
上下にスライドさせての挿入は、
初めてだったけどすごい快感でした。

☆☆

明日に続く・・・

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る