アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★射精を放棄することの意義
日付: 2017年10月21日

私は男性に対して
「射精を放棄しましょう」
と言っています。

しかしそれは口で言うほど
簡単ではありません。

何といっても射精したい気持ちは、
男性の本能的欲求だからです。

しかし射精にこだわり続ける限り、
女性を喜びに誘うのは不可能です。

多くの男性が夢見る、
「もうあなたから離れられない」
と女性に言わせることも無理です。

人は性欲があるから
セックスをします。

性欲がセックスのスタートラインで
あることは確かです。

それを否定するつもりはありません。

問題なのは、
ほとんどの男性が、
スタートラインで止まったまま
でいることなのです。

たとえば食欲。

赤ちゃんは本当に食欲旺盛です。

お腹がすくと、
大声で泣いて親を困らせます。

満腹になると、
ニコニコ笑って
すやすや寝てしまいます。

これが食に対する
スタートラインです。

しかし成長するにつれ、
味覚へのこだわりが出てきます。

量から質へと変化していきます。

美味しいか不味いかだけではなく、
誰と食べるか?
盛りつけはどうか?
お店の雰囲気はどうか?
健康への配慮や
テーブルマナーも意識します。

総合的な意味で、
子どもの頃とは全く違う
食の楽しみ方へと
進化していきます。

セックスも同じです。

そのためには、
原始的な性欲と生殖目的から
進化する必要があります。

性欲と射精欲から解放されるには、
セックスが男女が愛し合う行為である
という意識の昇華が必要なのです。

射精を目的にしたセックスでは
愛が欠落しているのです。

女性のセックスの悩みや
トラブルが尽きない最大の原因は
ここにあるのです。

女性を愛するとは何か?

それは「相手を喜ばせてあげたい」
という純粋な真心です。

女性を気持ち良くさせてあげよう
と思う気配りです。

自分の欲望を優先させる
セックスとは大違いです。

「セックスは女性を愛する行為」
それくらいの意識で
女性とセックスして欲しいのです。

その意識に立てば
「気持ち良くしてあげたい」
と余裕ができます。

自然と愛撫が優しくなり
丁寧になります。

そうなれば女性の反応も
変わってきます。

女性の反応が良くなれば、
理屈抜きで女性を愛撫するのが
楽しくなってきます。

すると女性はあなたに
素晴らしい官能美を
見せてくれるようになります。

この好循環が起きれば、
自然と射精へのこだわりは
無くなっていくのです。

 

アダム徳永

 

過去のメルマガ一覧に戻る