アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★男性も絶叫できる
日付: 2017年10月19日

男性にあって女性にないもの。

そのひとつが「射精」です。

男性も女性も
オーガズムを得るときに
「イク」という言葉を使います。

しかし男性のオーガズムと
女性のオーガズムは
決定的に違います。

男性は射精で簡単にイケますが
女性は簡単にはイケません。

イキたいと思えば男性は
ジャンクセックスでも
射精さえすればイケます。

しかし女性はイキたくても
そう簡単にはイケないのです。

男女のセックスの不公平感は、
ここにあります。

女性の性を置き去りにしないこと。

その意識が男性には必要なのです。

これは
スローセックスの技術を
マスターする以前の、
人としての優しさであり
思いやりなのです。

ところで私は男性たちに、
「射精の放棄」を
進言しています。

また前戯は最低でも1時間。

クリトリス愛撫は20分と
提案しています。

男性のなかには
この話しを聞いて
スローセッスは
男性が女性に奉仕するものと
誤解する人がいます。

これこそ大いなる誤解です。

私が出演するDVD教材である
プライベートシリーズを観てください。

私のフィニッシュは
「オオオオオーーー!」と
雄叫びをあげています。

女性はあまりの声の大きさに、
ビックリされます。

これは演技ではありません。
自然と大きな声が出てしまうのです。

それくらい射精のときの
オーガズムが凄いのです。

しかも快感が20秒以上続くことも
珍しくありません。

男性の皆さんには
そんな経験がないかもしれません。

一般の男性にとって射精の快感は、
せいぜい「ウッ」程度。

それも一瞬の快感です。

この快感の差は
どこにあるのでしょうか。

それは性エネルギー量の差なのです。

射精へのこだわりを捨て、
互いに感じるセックスを続けることで、
性エネルギーの交流が促進され
性エネルギーが増幅するのです。

すると今まで経験したことのない、
性エネルギーの超絶的な
大爆発がもたらされ
男性も絶叫するような
オーガズムを体験することが
できるのです。

射精にこだわらない
スローセックスを
実践することではじめて、
最高の快感を
得ることができるのです。

 

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る