アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★モニターレポート高橋今日子編(4)
日付: 2017年09月28日

昨日からの続きです。
モニターレポートより。

☆☆

また私が一番驚いたのは
クンニの心地よさ。

これまで、
どちらかというと
クンニは嫌いだったのだ。

クンニされて感じることが
なかったのもあったし、
そんなところ舐めてもらうなんて
相手に悪いなと思っていたから。

だけれどその観念は
まったく変わった。

先生のソフトな舌使い。

そこでもまた強弱をつけながら、
舐めていただき、
それでイッてしまったのだ。

足がピクピク痙攣したなんて
経験は初めてで自分でも驚いた。

私がクンニでいってしまって、
もう体が持ちそうに無かった。

それから挿入。

もう感じすぎて無理だ
というところで、
先生がそこで終了してくれた。

本当はもっと
味わってみたかったのだけれども、
いろんなことが初めてだったので、
私の体はついていけなかったみたい。

それって、
それまで「そこそこ」と思っていた
恋人とのセックスが、
かなり低レベルだったって
ことになるのかなぁ。

いやいや、違う。

まだまだ高いレベルの
セックスが待っているって
ことにしよう。

ポジティブに向き合おうっと。

イッてしまった後は、
しばらく動けなかったのだけど、
体が深海に沈んでいくような
そんな初めての感覚が続いていた。

それはもう他に表現のしようがない。

とにかくすごく気持ちいのだ。

あとから、
なんであんなにクンニが
気持ちよかったのか考えてみたのだが、
クンニの前に十分、
体を触っていただいていたので、
あんなに素直になれたのかなと思った。

舐められることに
まったく抵抗を感じなかったし、
その前にすごく
気持ちよくなっていたので、
先生にならもっと気持ちいい世界に
導いてもらえるんじゃないかなって
期待があったというのも
あるかもしれない。

先生にタッチとクンニをしてもらって、
本当にこれまでない快感を覚えて、
私はつくづく思った。

一般の男の人は、
一番に乳首とか性器とか、
そういった部分に
飛びつきがちなんだけれども、
そうじゃなくて、
本当にアダム先生みたいに
もっと段階を踏んでいって
ほしいなぁって。

そしたら、
女の人もすごく
気持ちよくなるだろうし、
とっても素直になれるし、
男の人もそんな女性を
かわいいって思うだろうし……。

そうなったら、
すごく平和だもの。

気持ちよくて幸せなセックスは
平和の象徴なんじゃないかな……。

少なくとも、
私はこれから、
そういったセックスを
していきたいと、
心から思っている。

☆☆

スローセックスは
神さまからもたらされた
メソッドです。

ぜひマスターして
スローセックスの凄さを
体感してください。

※モニターの募集は
現在行っていません。

アダム徳永

 

過去のメルマガ一覧に戻る