アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

結婚生活につきものなのが、
夫婦ゲンカです。

ケンカをしたことがない夫婦など
いないのではないでしょうか。

夫婦ゲンカは決して
悪いことではありません。

なぜならお互いの性格の違いや
考え方の違い
価値観の違いから
ぶつかることで
お互いを理解する機会に
なるからです。

その意味で夫婦ゲンカは
コミュニケーションの一つです。

遠慮無くケンカを
したほうがいいと考えています。

しかしケンカを長引かせるのは
良策ではありません。

お互いにダメージを
与えるからです。

こころの傷を深めるからです。

夫婦げんかを長引かせない秘訣
それはすぐに謝ることです。

これに尽きます。

どっちかが先に
「ゴメン」と頭を下げれば、
ウソのように仲良しに戻れます。

しかし言うは易し行うは難しです。

頭を下げて謝るということが
なかなか実行に移せない
夫婦が多いのも現実です。

夫婦げんかの原因は、
犬も食わない些細なことが
ほとんどです。

私にも苦い思い出があります。

新婚2年目くらいのときです。

一週間以上も妻と口をきかないという
大喧嘩をしたことがあります。

きっかけは実家の母が送ってくれた
自家製の紅ショウガでした。

妻の手料理を食べ終わった後、
食事のシメのつもりで、
紅ショウガを口にしました。

すると突然妻が怒りだしたのです。

「こころを込めて料理を作ったのに、
なんで最後に紅ショウガを食べるの?!」と。

私は意味がわからず、
「なんで紅ショウガひとつで
そんなに怒られなきゃいけないんだ」

さらに
「夫に対して上から目線の
物言いは許せない!」

もう顔から火を出してのケンカです。

口をきかなかった
1週間を振り返ってみて、
「なんと無意味な時間だったのだろう」
「なんと自分は子供だったのだろう」
と反省したものです。

私はそのときのことを、
「紅ショウガ事件」と名付けて、
自分への戒めにしています。

夫婦ゲンカをするには、
それなりの理由があります。

しかし夫婦ゲンカを長引かせても、
何もいいことはありません。

何のために結婚をしたいのでしょう。

それは幸せになるためです。

それを思えば
夫婦げんかの勝敗など、
どうでもいいことです。

あなたが次にケンカしたときは
「エイヤッ!」と
思い切って先に謝ってください。

そうすれば
お互いの非を水に流して
もとの鞘(さや)に収まります。

 

アダム徳永