アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★講習モデルHさんの気づいた点
日付: 2017年09月05日

プライベート講習で
モデルをしているHさんから
受講生向けにコメントを
いただきました。

スローセックスを本やDVDで
勉強している男性の皆さんにも
役に立つ内容なので
共有させていただきたいと思います。

☆☆

私の視点で気づいた点を
まとめさせていただきました。

1:
受講生のクリトリス愛撫は
全体にやや強いように感じます。

男性が想像する以上に
クリトリスは敏感です。

クリトリスの愛撫は
ソフトなタッチでお願いします。

また講習中に時間が長くなると、
少しずつ強くなる傾向にあります。

意識して一定のソフトタッチで
触ってもらいたいです。

ただ強さの好みは女性によっても
個人差があると思います。

女性に確認しながら
調整していただけるとありがたいです。

2:
受講生の男性はすぐに
アダムタッチが自己流に
なってしまわれます。

ぜひアダムタッチの基本を
マスターしてもらいたいです。

特にズレやすいのが、
スピード感と触れる指のタッチ圧。

微妙な違いですが、
感度に大きな差が生まれます。

受講生のほとんどが
ついついスピードが速くなり、
かつタッチ圧が強くなりがちです。

その点を意識していただくと
アダムタッチの反応が
大きく違ってきます。

3:
受講生の男性は
GスポットやTスポットの
愛撫を自己流にアレンジされて
おられます。

というかとてもアバウトに
愛撫されます。

わかりづらいという
理由があると思います。

ただ愛撫する体勢の違いで
GスポットやTスポットに
指がピンポイントに当たりません。

感度が鈍ってしまいます。

Gスポットに関しては
女性に近づきすぎの男性がほとんどです。

適正な距離で愛撫していただくと
感じます。

最初は「基本に忠実」を
モットーに正確な体勢で
愛撫をお願いします。

女性側も悪いと思うのですが、
どうしても
「女性は受け身で我慢すべき」
という意識があります。

モデルをしている私でさえ
その思いが抜けません。

そのため痛くても
「もう少しソフトで…」
の一言が言えず、
結局SEXそのものが
嫌になってしまいます。

そのような思いをしている
女性が多いのではないでしょうか。

女性も
「セックスは二人で作るもの」
という意識をもって
自分の気持ちを伝える
努力をするべきだと思います。

また男性は
女性は思っていても
「なかなか言えない…」
という気持ちを汲んで、
対応してもらえると嬉しいです。

それができればお互いに
セックスでいい関係が築ける
のではないかと思います。

☆☆

明日に続く・・・

アダム徳永

 

過去のメルマガ一覧に戻る