アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★私はイクふりをしていました
日付: 2017年08月27日

恒例のモニターレポートを
ご紹介します。

これはスローセックスで
女性がどのように反応し
感じるかをお伝えするものです。

ぜひレポートを通して
女性の性感の深さを理解する
機会にしてください。

※ちなみに現在はモニターを
募集していません。

☆☆

矢代景子さん(仮名・37歳)

アダム先生と会う
お約束をしてから
実際にお会いするまで、
緊張と少しの罪悪感を
感じて過ごしました。

いくらモニターとはいえ、
初めて会う、
お付き合いするわけでもない男性と
最後までいくのですから、
モラルの点から言ったら正直NGです。

それでも私がモニターに応募したのは、
先生のHPを拝見して
先生の提唱するスローセックスに
とても憧れたからです。

この年齢にいたるまで、
それなりに恋愛をして
男性経験をして、
それなりに感じる体だと
思っていました。

でも先生によるスローセックスを
体験した女性たちの
レポートを拝見して、
私はまだ本当の喜びを
知らないんだなと思いました。

感じるといっても、
常にイクわけではなく、
そんな時は相手の男性に悪いと思って、
途中でイクふりをしたりしていました。

HPで見たスローセックスは
そんな事は必要なく、
イク必要すらないなんて。

私もセックスにおいてはイクことより、
相手の男性と触れ合っている
ことの方を大切に思っていたので、
まさに同感と感激しました。

なのでモニター応募を
されていることをHPで知って、
応募したのです。

先生から直接メールをいただき、
お会いできることになりました。

☆☆

明日に続く・・・

 

アダム徳永

★私はイクふりをしていました

過去のメルマガ一覧に戻る