アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★経験の少ないことがコンプレックス
日付: 2017年07月25日

今日より恒例のモニターレポートを
ご紹介します。

ぜひ女性の経験を通して
スローセックスの理解を
深めてください。

☆☆
山崎かのこ(仮名)32歳

私は過去に一人の男性との
セックスしか経験がなく、
いまは彼氏もいません。

そろそろ新しい恋愛がしたいな、
と思っていたときに
手に取った本が
『スローセックス実践入門』でした。

年齢の割に経験が少ないことが
コンプレックスだったため、
次に出会いがあったときのために
参考になればと思ったのです。

これまでのセックス経験で
特に嫌な思いをしたとか、
すごく痛かったというような
ことはありませんでしたが、
クリトリスが感じやすいために、
指で執拗に愛撫されて
痛くなってしまうことは
何度かありました。

男性から「感じ過ぎっ」と言われて、
喜ばれたか貶(けな)されたのか、
とても不安になってしまった
思い出があります。

男女お互いにとって
よいセックスとは
どんなものなのか?

私が気持ちいいと思っている状態と
彼が満足する状態は
違っていたのか?

別れた後もそうした
疑問が付きまとっていました。

そんなこともあって、
『スローセックス実践入門』
を読んでいるうちに、
そんなにいいものなら
是非とも経験してみたい!
と思ったのです。

アダム先生のホームページを見つけ、
アクセスしてみたところ、
スクールのモデルのアルバイトと
モニターを募集していました。

モデルさんのアルバイトは
年齢制限があるようでしたので、
それならアダム先生ご本人に
ご指導願おうと今回モニターに
応募させていただきました。

※現在はモニターの応募は
おこなっていません。

もちろん少しも躊躇しなかった
わけではありません。

セックスの本を書いている
専門家とはいえ、
知らない方とするのですから
戸惑いはありました。

でも彼氏のいない今だからこそ
チャンスだと思い、
次の恋愛に繋がるような
いい体験をしておきたいと考えました。

☆☆

明日に続く・・・

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る