アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★女性に必要とされる男の自信
日付: 2017年07月15日

昨日からの続きです。

☆☆

ぼくはある女性から
言い寄られて浮気をしました。

妻やそれまでのガールフレンドとは
全く違っていました。

挿入するなり彼女はいき始めます。

何度も膣が収縮して
腰や体を全体をくねらせるのです。

あまりの汗で2人のからだは
スケートリンクの氷の上のように
つるつる滑り合いました。

「麻薬ってやったことはないけど、
きっとこんな風に感じるんだろうね。」
と言いあったこともあります。

彼女は終わると満足感から
「もう当分やらなくてもいいわ。」
と言っていました。

ぼくは文字通り
彼女のからだに溺れました。

自分が女に必要とされているのを
体で感じました。

男としての自信が
出てきたのです。

それでも妻に対しては
まるでうまくいかないのです。

でもぼくだって努力すれば
妻を満足させるかもしれないとも
思い始めはしました。

しかし当時はどうしたら
うまくなるのかは
全くわかりませんでした。

カラオケではオンチや
歌がうまい人がいます。

差はかなりはっきりしています。

これは生まれつきの結果でしょう。

同じように、
女性でも生まれつき体の
感度が高い人がいるし、
低い人がいるようです。

ぼくの浮気の相手はおそらく
超高感度だったのでしょう。

ぼくは彼女に惚れました。

妻の知的な部分は好きなのですが、
セックスは楽しくありません。

ぼくは離婚してこの女性と
やり直そうと思い始めました。

☆☆

明日に続く・・・

 

アダム徳永

 

過去のメルマガ一覧に戻る