アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★童貞の自分が彼女を官能させる
日付: 2017年05月12日

今日はスローセックスを実践した
男性の報告のメールをご紹介します。

☆☆

植西32歳(仮名)

こんなに気持ち良い
セックスがあったなんて。
彼女は痙攣しながら
ものすごい声を出して、
何度もイッてくれました。

それを見ているだけで
こちらまでめちゃめちゃ燃えました。

興奮していたせいか、
息子もいつもより
ひとまわり大きくなっている
ように感じました。

最後はもう凄まじい
感じになりました。

目の前が真っ白で、
彼女は痙攣しまくっていました。

ペニスを抜いた後、
ベッドに倒れ込みました。

二人して、「はあ~はあ~」と
しばらく息を荒げていましたが、
それ以降の記憶はありません。

起きた時には、
1時間半が経過していました。

彼女の方はまだぐっすりと
寝ていました。

起きあがってシャワーを
浴びに行こうとしたのですが、
足腰がよろめき危なく
倒れそうになりました。

頭もガンガンしました。

決して嫌な感じではなく、
気持ちよい頭痛でした。

あれ以降エッチに
消極的だった彼女が
自分から求めてくるようになりました。

 

☆☆

片山28歳(仮名)

自分はつい最近まで童貞でした。

セックスするのが怖かったからです。

「相手に感じてもらえなかったら
どうしよう?」
という不安がありました。

それが動機でプライベート講習を
受講しました。

そして先日ずっと友達レベルの
女性と意気投合し
初体験を迎えました。

半信半疑ながら
アダムタッチでゆっくりと
彼女を愛撫すると、
「くすぐった~い」
と最初は笑われました。

でも徐々にキスやオーラルの
愛撫を混ぜていくと
感じ始めたのです。

さらにアダムタッチを続けると、
なぜか腰が逃げるのです。

彼女に「どうして?」と
聞いても答えてくれない。

もしや・・・と思って、
優しくあそこを触ったら、
めちゃ濡れてました。

彼女に「濡れてるね」というと、
すっごく恥ずかしがって萌えました。

濡れてるおかげで
挿入もスムーズにいき、
「射精の為にセックスをするんじゃない」
というアダム先生の教え通りに
「好きだよ」と伝えながら、
ゆっくり優しく動きました。

リラックスしていたおかげで、
初体験にしては色んな体位が
できてよかったです。

対面座位、バック、騎乗位・・・。

AVみたくガツガツされても
女性は感じてくれないのだと、
身をもってわかったのもこの時です。

アダム先生のいってたことは
本当だったんだと感動しました。

その後に彼女から
「絶対童貞じゃないでしょ!」
と責めたてられました。

☆☆

スローセックスは
神さまから贈られた
ギフトなのです。

簡単なテクニックです。

しかし効果は絶大です。

ぜひスローセックスをマスターし
男女の究極の愛を体験してみてください。

 

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る