アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★交接は対面上体立位から始める
日付: 2017年05月19日

あなたは交接のとき
どのような体位から始めますか。

たぶん正常位ではないでしょうか。

しかし正常位は射精位なのです。

なぜかというと
交感神経を促進する体位だからです。

カラダが前に前傾すると
交感神経が
カラダが仰向けになると
副交感神経が優位にたちます。

射精は交感神経が
促進されたときに起きます。

射精を抑制するには
副交感神経を優位に立たせる
必要があります。

その意味でもし長持ちだけを考えるなら、
抱え騎乗位がお勧めです。

騎乗位の状態から
女性を抱え込む体位です。

カラダが仰向けになることで
副交感神経が優位にたつのです。

リラックスして興奮を抑制できます。

これだと自分で動きを
コントロ-ルもでき
射精を抑制することができるのです。

ただセックスのスタートが
これだと男性の主体性に欠け
お勧めはできません。

私が最初の体位として
お勧めする体位が
対面上体立位です。

初めて聞く体位名だと思います。

それもそのはず。

この体位は私が命名したからです。

この体位は難しくありません。

対面上体立位は、
正常位の体勢から
男性の上体をベッドに対して
垂直に起した形です。

前傾姿勢から垂直にします。

男性の上体が垂直になることで、
興奮を促す交感神経と、
興奮を抑制する副交感神経が、
ちょうどニュートラルな
状態となるのです。

これによって過度な興奮が抑えられて、
射精のタイミングを
ある程度コントロールすることが
できるようになります。

実際に試していただくと
わかりますが
腰を激しく動かすのには
向いていません。

下半身の暴走を
食い止めることもできます。

気持ちにゆとりがもてる体位です。

ぜひ実践してみてください。

 

アダム徳永

 

過去のメルマガ一覧に戻る