アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★セックスにプライドは必要なし
日付: 2017年05月08日

男性は見栄っ張りな生き物です。

バイト代が底を付いていても、
彼女の誕生日ともなれば
高級レストランを
予約したりするものです。

これは女性にとって
嬉しいことです。

ただこの見栄っ張りな
行動パターンが
セックスの場面に登場すると
少々やっかいなことになります。

セックスの経験が浅かったり、
テクニックに自信がない男性は
コンプレックスを隠そうと
見栄を張るのです。

例えば童貞の男性。

彼が初体験を迎える場合です。

こんな時、
「実はオレ、キミが始めてなんだ」
と正直に言う男性はあまりいません。

女性が男性経験が豊富だと
思われるのを嫌がるのと逆に、
男性は自分の経験の浅さを
恥ずかしいこと思うのです。

正直に「初めて」と言えば楽なのに
経験豊富な顔をして、
ひとりで空回りしてしまうのです。

これはまだ可愛らしい例です。

タチが悪いのは、
ヨチヨチ歩きを始めたばかりの
初心者に限って、
高等なテクニック駆使することです。

その一例が
潮を吹かせようとすることです。

女性にとってはいい迷惑です。

この行為は危険です。

性器を傷つけるからです。

私は禁止行為に指定しています。

お互いの好奇心が高まり、
2人で楽しみながら
色んなプレイに挑戦するのは
とても素敵なことです。

ただ普通のセックスでも
十分すぎるほど快感を味わえます。

過激なセックスを求めるのは
本当のセックスを知らないからです。

見栄っ張りな男性の皆さんにおかれては
スローセックスを身につけることで
こころから女性を満たして
あげることができるのです。

ぜひその見栄を
スローセックスを学ぶ
動機に変えてください。

 

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る