アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★抱かれているだけでイッてしまいました
日付: 2017年05月01日

昨日からの続き・・・
モニターレポートより。

☆☆

そしていよいよ挿入へ。

対面上体立位での挿入。

もう身体は
早く入れて欲しいという
状態になっていたので、
すんなり先生を受け入れました。

先生のペニスが入ってきたときは、
感動でした。

先生は的確にポイントを突いてきます。

だからただその気持ちよさに
没頭する感じで、
一体となって動いてしまう感じです。

私が先生とくっつきたい
オーラを出していたら、
先生が座位へ
体位を変えてくれました。

先生とお体を密着させたときは、
「あぁ、こうしたかったの~」
って思いました。

騎乗位になったときは、
自己流で動いていたら、
先生が
「こうやって上半身は固定して、
腰だけを前後に動かすといいんだよ」
と手を添えながら
指導して下さいました。

先生の言われた通りに動かすと、
確かに違います!

ペニスとの密着度が上がり、
形も感じとれます。

するとペニスがなんだか
愛しくなりますね。

そして正常位になり、
動きを止めて挿入したまま
抱き合っていると、
先生の気がどんどん入ってきました。

その気を感じていたら、
どんどん昇りつめていき、
そのままイッてしまいました。

先生の「気」は成熟した大人の気でした。

例えるならば「大樹」です。

なんでも包みこんでしまう
底知れぬ優しさにあふれ、
それでいて清らかで・・・。
そんなすばらしい「気」でした。

その後も先生はペニスを抜かずに
クルリと体位を変えてきます。

体位のバリエーションって
こんなにあるし、
それによって感じ方も違う!

楽しみ方ってこんなに
いっぱいあるんですね。

初めて知りました。

また先生は、
後ろからの体位のとき、
噛んできました。

これは「新しい快感~!」
「やみつきになりそう~!」
そんな感じでした。

だから先生に「イヤ?」
と聞かれたときは、
「イヤじゃない。もっと噛んで~」
と切実にお願いしていたと思います。

後で先生に、
「何で噛んでこられられたのですか?」
と尋ねたら、
「Mっ気がありそうだったから」
とおっしゃられました。

見抜かれていたんですね。

その他にも、
先生は私が手を握りたいと思っていると、
手を握ってきてくれたり。。。

私はもともと耳や首の愛撫に
弱いのですが、
そこをたくさん責めてきてくれたり。。。
見抜かれている~って思うことが
多々ありました。

特に耳への愛撫は、
すごかったです!

耳にやさしくタッチされたり、
やさしい舌使いで舐められたり、
息を吹きかけられたり
したときの快感は、
まるで性器を愛撫されているかのような
感じです。

本当に感じっぱなしでした。

耳がこんな風になるなんて・・・。
これもアダムタッチ効果なのでしょうか?

☆☆

明日に続く・・・

 

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る