アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★女性を傷つける一言とは
日付: 2017年04月22日

女性が嫌がる一言があります。

それは女性の外見を貶(けな)すことです。

「おなかブヨブヨしてるね」
などと言おうものなら
女性の怒りが沸騰します。

女性は美の象徴です。

だから外見の美を貶されることは
何よりも不快なのです。

そして相手は激しく嫌悪します。

実はその女ごころが
男性には理解しづらいところなのです。

ちなみに男性は
「最近お腹が出てきたんじゃない?」
といわれてもさほど傷つきはしません。

しかし
「あなたは仕事のできない男ね」
「あなたは女みたいにメソメソした男ね」
といわれたらどうでしょうか。

非常に傷つきます。

男と女では傷つく部分が違うのです。

女性は外見を否定されるのが嫌いです。

男性は内面を否定されるのが嫌なのです。

この違いを私たち男性は
しっかりと知っておく必要があります。

この女性心理を知らず、
男の基準で女性にうかつに話しするのは、
地雷原の中を素足で歩いているようなものです。

ちなみに失言の代表格が
「なんか、最近太ったんじゃない?」
という一言です。

ほんの冗談のつもりでも、
女性には冗談では済みません。

奥さんのお腹のお肉を
何気にさわることがあります。

男性にしてみれば
プニョプニョ感が
気持ちいいからです。

しかし女性はウエストのサイズを
チェックされていると思うわけです。

「それってデブっていいたいの?!」と。

こっちにはその気はなくても、
女性はそう受止めてしまいます。

「ちょっと太めの方が好きなんだよ」
という言い訳しても、
「やっぱり太ったって思ってるのね!」
と逆襲されます。

鎮火するには
かなりの代償が必要となります。

冗談であろうが何であろうが、
女性の外見に触れることは要注意です。

口にチャックをして
失言には気をつけてください。

これも女性を愛する努力の一つです。

 

アダム徳永

 

過去のメルマガ一覧に戻る