アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★気持ち良すぎて声が止まらない
日付: 2017年04月04日

昨日からの続きです・・・

 

スローセックスレポートより。

 

☆☆

 

カウンセリング後、

タクシーでホテルに移動。

 

久しぶりのホテルに少し緊張。

 

でもよく考えたら

「声を我慢しなくていいんだ」とも。

 

家だと声を気にしてしまうので。

 

「今日はとにかく先生に身を任せよう!」。

 

そう思って来たので、

浴槽に一緒に入った時から

先生に身をゆだねて快感を得ることに集中。

 

初対面の男性に

これほど身を任せることは

あり得ないのですが、

お会いして1時間も経たない間に

何故か信頼感が。

 

先生の人柄とでも

いうのでしょうか。

 

浴槽の中では、

先生に後ろから抱きかかえられるような

かたちで愛撫を受けました。

 

最初は優しく、

時に強く。

 

「気持ちよくなかったら、

絶対声を出さないぞ!」と

心に誓っていたのですが、

すぐに声が(笑)。

 

背中や脚をアダムタッチで

触れられている時は吐息が。

 

そして首を噛まれた時は

思わず「あっ」と

声が出てしまいました。

 

すぐに乳首を触るのではなく、

胸の外側から優しく

アダムタッチされるのも

とても気持ちよかったです。

 

主人はすぐに胸をつかんでくるので、

最近は身構えてしまっていましたから。

 

また私は乳首をつままれるのが

苦手なのですが、

先生のやり方はソフトだったので

気持ちいいと感じることができ、

新たな快感を知ることができました。

 

先生の手が私の脚の間に

到達した時にはすでにヌルヌル。

 

「もう濡れてるよ」と

先生に耳元でささやかれました。

 

これまでは浴槽の中での愛撫は

お湯のせいで指を挿入されると

つっかかる感じがして痛かったのですが、

まったく痛みがなく。

 

痛みどころか気持ちよすぎて

声が止まりませんでした。

 

足先がカーッと熱くなっていました。

 

お風呂場が浴槽のライトのみで

薄暗かったことやライトアップによる

ムーディーな雰囲気、

入浴剤の香りなどもよかったです。

 

また湯船に浸かると

快感が高まります。

 

時々シャワーも浴びずセックスを

急ぐ男性がいますが、

女性は湯船に浸かった方が

絶対感度が上がります。

 

浴槽の中で向かい合っての愛撫。

 

この時点で既にとろけてしまっていました。

 

背中を触られてもキスをされても、

へろへろ。

 

浴槽に沈んでしまいそうだったので、

先生にしがみついて

快感を味わいました。

 

また私の股間に先生の硬いペニスが当たり。

 

十分過ぎるほど濡れていたので、

「もし、このままツルッて

入っちゃったらどうしよう。」

「気持ちよすぎて死んじゃう」

といった感じでした。

 

ガウンを着てベッドに行くと、

先生は全裸で横たわって

らっしゃいました。

 

「うわ~ん、目のやり場に困る。」

「見れない」と思い、

照れてしまう私。

 

先生の隣にうつ伏せになり。

 

ガウンをゆっくり脱がされるのも

恥ずかしかったです。

 

アダムパウダーをかけられ、

ゆっくり丹念にアダムタッチ。

 

マッサージされているように

気持ちよく寝てしまいそう。

 

でも時々ギュッとスクラッチがあって、

それがまたすごく感じてしまうんです。

 

感覚が研ぎ澄まされて

いるからでしょうね。

 

足の裏を指で引っかかれた時は、

ゾクゾクッという快感が。

 

これも新発見でした。

 

お尻を噛まれるのも

気持ちよかったです。

 

そしてアナル。

 

あまり愛撫されない部分なので少し緊張。

 

でも舌使いのあまりの気持ちよさに

「ああああああーっ!」

と大きな声を出してしまいました。

 

次は仰向け。

 

胸の付け根をバイブレーション

されたのは初めてだったのですが、

これがまた気持ちよかったです。

 

この部分がこんなに感じるだなんて

初めて知りました。

 

胸へのアダムタッチの後、

先生の舌が乳首へ到達した時は、

もう快感の波が押し寄せ

「ああん。ああん」

と声が止まらず。

 

一旦、胸から離れ、

先生の手が脚をつたい

足先への愛撫。

 

乳首への愛撫で得た快感で

荒くなった息が

「はあはあ」とまだ残っていました。

 

☆☆

 

明日に続く・・・

 

気持ち良すぎて声が止まらない。

 

これは女性に備わった資質です。

 

特別に感度のいい女性だけの

特権ではありません。

 

アダムタッチをすることで

性感脳が開かれ

女性は高感度な性感帯に

変身するのです。

 

なので男性の皆さんは

ぜひアダムタッチを習得して

女性に喜びの喘ぎ声を

引き出してください。

 

 

アダム徳永

 

過去のメルマガ一覧に戻る