アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★妊娠中のセックスは是か非か
日付: 2017年03月04日

妊娠中のセックスについて、

皆さんはどう思われますか。

 

私は大賛成です。

 

その理由は最高の胎教になるからです。

 

愛のあるセックスは、

赤ちゃんにダイレクトに

夫婦の愛を伝えます。

 

これはお腹の中の赤ちゃんに

クラシックの名曲を聴かせることの

何十倍も効果があります。

 

愛を育む情操教育になるのです。

 

その意味で安定期に入ったら

セックスをするべきなのです。

 

ただ妊娠中は今までと同じセックスの

やり方をするのは間違っています。

 

それなりの工夫が必要です。

 

激しいピストン運動は禁止です。

 

いくら安定期でも

母胎に対する最大のケアは夫の務めです。

 

妻を大切にすること。

 

妻を労ること。

 

それが夫としての立場なのです。

 

ただ自分がしたいだけ、

出したいだけというのでは、

妻は傷つくのです。

 

妻を愛おしみ、

癒してあげるようなセックスを

することが大切です。

 

すると妻は愛されている喜びが

ダイレクトに胎児に伝わっていくのです。

 

妊娠中の愛のあるセックスは、

“挿入と射精がセックスにあらず”

というスローセックスの本質を、

学ぶ好機でもあります。

 

そのためにも

妻を癒してあげるという

明確な目的がなければなりません。

 

「溜まってるんだよ。」

 

「わかるだろ。」

 

「させてくれよ」

 

という射精欲むき出しの

自己中心的な動機からでは

妻は辟易し、

「夫に触られたくもない」

という気持になるのです。

 

 

☆☆

 

明日に続く。

 

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る