アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★スローセックスは時間の感覚がなくなる
日付: 2017年03月02日

昨日からの続きです。

 

☆☆

 

いよいよアダム先生を

受け入れる時が来ました。

 

今考えるとこの時点で既に

かなり時間が経っていたと思います。

 

でも時間の感覚がすっかり

無くなっちゃってて、

全然気がつかなかった。

 

先生は「まだまだこれからですよ」

なんて言いながらゆっくり

ゆっくり入ってきます。

 

正直に告白すると、

今まで男性を体に受け入れる時は、

殆ど中に感覚が無いので

相手が射精する為の

サービスタイムのような

スタンスでした。

 

なので失礼な話ですが

「早くいってくれないかなぁ」

という感じだったのです。

 

アダム先生は入れてすぐに

ガンガン動く事は無く、

ゆっくり馴染むのを待つかの様に

時間をかけた後、

愛撫するように優しく動きます。

 

初めは相変わらず

私の中は無感覚でしたが、

アダム先生がペニスで

私の中を圧迫するような動き

(どうやってたンだろ?)や、

『いや~ん!気持ち良いかもっ!?』な

感じがする所

(どこだったンだろ?)

突くような動きをされると、

何かどんどん

「やめないでっ! もっと!!」

な感じが高まります。

 

まだ未開発なのか

シャープに上りつめる

感じはないのですが、

またまだ何処が良いのか

自分でまだ良く解らないので、

積極的にそこが当たるようには

動いたりは出来ないのですが、

でもペニスの挿入で

感じたのは生まれて初めて! 

とても嬉しくて楽しくて幸せな気分。

 

座位で抱きついて、

キスしたりちょっとお喋りしたりしながら、

先生に手でリードしてもらい腰を使うと、

先生のが私の中で暴れるような感覚があり、

私の中のあちこちの

「気持ちいいかもっ?!」を刺激します。

 

ずっとそうしていたいような、

欲求を抑えるのが大変なくらい。

 

次の体位に移るとき、

『いや~ん!』

『やめちゃ嫌なのぉ!』 

『もっと~』

な感情と

『次はどんな事になるンだろう!』

との期待感が頭の中でグルグルして

切ないようなでも

ウキウキするような

とても楽しい感じ。

 

本にあったように、

先生は色んな体位を

ルービックキューブみたいに

くるくる変えて、

色んなところを刺激してくれるの。

 

挿入があんなに

心地よかったのは初めてです。

 

それにあんなに長い間

(つな)がっていたのも初めてです。

 

それとあんなに長い間

してたのに疲れなかったのも初めて。

 

後でひりひりしなかったのも初めて。

 

何もかも初めての経験でした。

 

付き合った人の中には、

「開発してやる」

なんて意気込んで、

指を激しくピストンして

中をかき回す人もいました。

 

そんな時は決まって、

終わった後に尿道炎のような

残尿感が暫らく続いたり、

次の日もヒリヒリ痛かったり。

 

とても辛い思いをしました。

 

先生に気持ちよくしてもらった後は

全然痛みなどなく、

帰り道で「すごーい。。。」

なんて改めて感動してしまいました。

 

☆☆

 

明日に続く・・・

 

 

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る