アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★アダムタッチ恐るべし!!!
日付: 2017年02月20日

プライベート講習を受講された

男性のメールをご紹介します。

 

☆☆

黒木(仮名)さん 51歳 会社員

 

以前より縁があって

知り合いました女性と、

スローセックスを

実践することができました。

 

特に先生にご指導頂きました

アダムタッチの効果を目の当たりにして、

想像を絶する効果で

我ながら驚いている次第です。

 

彼女は今まで付き合ってきた彼氏と

満足の行く性生活を送ることが

できなかったと話しておりました。

 

せっかく好きになった彼氏も、

乱暴なセックスで

内心悩んでおられました。

 

また今まで一度も

イッタことがないということでした。

 

そのためでしょうか、

今日私と初めてホテルに行き

ソファーでくつろいでいるときも、

心なしか身体が震えていました。

 

できるだけリラックスしてもらうために、

洋服の上からアダムタッチをしながら、

彼女の緊張を和らげることに努めました。

 

お風呂に入ってから

ベットに移動しました。

 

ベットでも丁寧にアダムタッチを実践しました。

 

彼女はとても気持ちよさそうにしており、

時折身体をくねらせて感じ始めました。

 

アダムタッチを終え、

手でジョイフラワーへの愛撫を始めました。

 

この時点で彼女は

身体が麻痺しているかのように揺らし始め、

「頭がおかしくなりそう」

と叫び始めました。

 

そしてクンニに入りました。

 

彼女が今まで一度もイッタことが

ないと話していたため、

ひたすら粛々と舌でジョイフラワーの

愛撫を続けました。

 

次第に彼女の口から

「イキそう」

との言葉がでるようになり、

そしてとうとう彼女が身体を硬直させ、

「イクー!」との発生とともに

激しく身体を動かし果てました。

 

その後、交接に入りました。

 

気の性エネルギーが

私の体内と彼女の体内を循環していることを

イメージするように心がけました。

 

暫くすると彼女が徐々に

身体を震わせ始め、

声もかなり荒々しくなって来ました。

 

彼女が一緒に

「イキたい」

と言ってきたため、

溜まっていたエネルギーを

最大限に集約させ、

爆発するがのごとく、

雄叫びをあげて一気に

二人で絶頂に達しました。

 

終わった後、

彼女は嬉しさのあまり

目頭に涙を浮かべていたのが印象的でした。

 

生まれて初めての

感動だったと告白してくれました。

 

そのままお互いの手を握り締めながら、

1時間近く眠りについてしましました。

 

目が覚めてリラックスするつもりで、

彼女の身体にタッチすると、

再度彼女は官能し始めました。

 

このような経験は初めたったようです。

 

「アダムタッチ恐るべし」です。

 

これほどまでに、

「アダムタッチ」が影響を及ぼすとは

思ってもおりませんでした。

 

アダムタッチが彼女の身体を

開花させ炎を付けたとは、

まさしくこのようなことだと実感しました。

 

後で感想を聞いてみると、

「こんなに優しくしてもらったことは

今までなかった。」

 

「こんなにセックスが楽しいものだとは

思っても見なかった。」

 

「生まれて初めて

イクことができて涙が出た。」

 

「時間をかけて丁寧に行った

スローセックスに感動した。」

 

など喜びを説明してくれました。

 

このように感動を彼女に

与える事ができたのも、

親身に不器用な私を指導して下さった

アダム先生のお陰です。

 

本当にありがとうございます。

 

☆☆

 

黒木さんはとても熱心に

プライベート講習を受講されました。

 

自分に男としての自信がなく

女性関係がほとんどないまま

50年の人生を歩んでこられました。

 

確かに見た目は

モテルタイプではありません。

 

しかし彼は女性を愛する技術を

マスターすることで

男としての自信を手にされたのです。

 

女性を愛する喜びは別格です。

 

ぜひ男性の皆さんは

女性の官能美を自ら手で

紡いでください。

 

そして魂の底から沸き上がる

究極の喜びを手にしてください。

 

 

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る