アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★愛戯は手で愛情表現は口が基本
日付: 2017年02月08日

あなたはセックスの時に、

手と口のどちらを多く使っていますか。

 

ほとんどの男性は

口と答えるのではないでしょうか。

 

目の前に乳首があると

条件反射的に吸い付いてしまうのは、

男性の動物的本能とも言えます。

 

既存のHOW TO SEXの本では

口や舌を使った様々なテクニックが

紹介されています。

 

世の男性がオーラルセックスに

走ってしまうのも

仕方のないことかもしれません。

 

しかし女性を感じさせることを考えると

 器用さという観点から、

手に勝る武器はないのです。

 

手に道具を持つことで進化してきた

人間にとって人の手は

優れた能力を持っているのです。

 

また女性の性感脳を開く性エネルギーは

舌先よりも手のほうが遥かに

大量に放出されるのです。

 

器用さと性エネルギーの

放出量の2点において、

女性を愛撫するのに

最も適しているのは、

手だということになるのです。

 

ただ誤解のないように断っておきますが、

オーラルセックスが

ダメというのではありません。

 

フェラチオやクンニリングスは、

巧みな舌使いで快感をもたらす

素晴らしい愛撫方法です。

 

ただ気を抜くと

乱雑で緩慢な愛撫になりかねません。

 

それともうひとつデメリットがあります。

 

それはオーラルの場合

どうしても顔が相手のカラダに

接近してしまうために、

愛撫の時に女性の反応が

見られないということです。

 

相手の反応を観察しながら

愛撫することを考えると

微細な刺激を性感帯に供給できる手こそ

性感ルートを開発する適任者なのです。

 

プライベート講習では、

「愛戯は手で愛情表現は口」

と教えています。

 

セックスは手と口の利点を把握した上で、

上手に使いこなすことが理想なのです。

 

 

アダム徳永

 

過去のメルマガ一覧に戻る