アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★OVER60からの恋愛とセックス
日付: 2016年11月15日

OVER60のカップルが

何度デートを重ねても

なかなかセックスに

至らないことがあります。

 

まるで純愛小説のようです。

 

意中の女性とのデートは

とても楽しくいい雰囲気です。

 

しかし何回デートしてもその先に進まない。

 

彼女に対して性欲を感じているだけに、

男性にとってはジレンマかもしれません。

 

ましてや人生経験のあるOVER60です。

 

彼女を抱きたいと思っても、

一方で大人としてのゆとりを

見せたいところです。

 

また自分の体力の問題もあります。

 

青年期ほどガツガツとした

エネルギーもありません。

 

ゆえにまた次回に期待しながら、

その夜もお別れすることになります。

 

そして内心悶々とした思いを残すのです。

 

またこんなケースもあります。

 

女性にそれとなくセックスを

誘うのだけれども

彼女がなぜか応じてくれない。

 

「自分に好意はあるようなのに・・・」

 

「なぜ彼女はセックスしたがらないのか?」

 

相手が成熟した女性であれば、

なおさら不思議に思うかもしれません。

 

実は女性のなかには

セックスにネガティブな印象をもった

人がいるのです。

 

OVER60の男性はあらためて

女性のカラダと心を理解してください。

 

女性にとってセックスは受動的なものです。

 

それゆえ自身の肉体に対して、

男性より防衛本能が強いのも当然です。

 

加えて女性の場合、

男性よりも加齢による変化が明らかです。

 

これは女性の

ホルモンバランスによるものです。

 

10代に初潮を迎え、

20代・30代で出産適齢期となり、

40代に入ると更年期障害があらわれます。

50代・60代で閉経を経験します。

 

もちろん閉経したからといって、

男性にとって性的な対象であること、

彼女が魅力的な女性であることに

変わりはありません。

 

加齢による肉体の変化が

女性自身の性欲の減退に

影響を与えていることもあります。

 

また心の問題もあります。

 

たとえば過去に傷つくような

セックスの経験があれば

彼女を消極的にさせます。

 

セックスは子どもを作るためのものと

思い込んでいる女性は

少なくありません。

 

幼少期に両親から

セックスは汚いと厳しく躾けられれば

その価値観から抜け出せません。

 

これは女性に限らず

男性にも言えることですが、

セックスにネガティブな人は

必ずその理由や原因が隠されています。

 

デートは楽しいけど、

セックスはしなくてもいいと思う女性を

無理やりベッドに誘うのは禁物です。

 

それでも彼女を大切に思い、

セックスという形で

喜びを分かち合いたいと

あなたが願うのであれば、

焦らずに時間をかけて

彼女が消極的な原因を

解消してあげることです。

 

心から相手を大切に思い、

静かに優しく寄り添うことで、

彼女の意識は徐々に

解放されていくに違いありません。

 

大人のセックス・マナーとして

何より重要なのは

相手を大切に思うことです。

 

それは彼女をエスコートするときに

腰に回す手や、

つないだ手からも伝わります。

 

キスはもちろん、

セックスの最中であればなおさらです。

 

全身をベロベロと

舐め回すのが愛情ではありません。

 

相手を大切に思えば

自然と指や舌づかいも

柔らかくなるはずです。

 

あなたの思いは

あなたのカラダ全体から表れているのです。

 

「俺ってすごいだろう?」

 

もしあなたが女性とのセックスで

このようなセリフが出るタイプなら、

いますぐ悔い改めてください。

 

男性が自分を誇示するためだけの

一方的なセックスに、

快感を覚える女性はいません。

 

セックスとは二人で

喜びを分かち合うことです。

 

そして女性の快感は何より

私を大切にしてくれているという

充実から生まれるのです。

 

 

アダム徳永

 

過去のメルマガ一覧に戻る