アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

20代の若い女性のなかには

歳の離れた中高年男性と

恋愛にハマったりすることがあります。

 

ただ不倫のため、

関係性が長続きすることはありませが…

 

注目すべきは、

一度オジサンと付き合った女性の多くは、

次もまた中高年の男性に

魅せられてしまうということです。

 

そんな彼女たちにとって

オジサンの魅力は何でしょうか。

 

ズバリそれはお金とセックスです。

 

同世代の男性が相手だと、

チェーン店の居酒屋デートでも

割り勘が当たり前のご時世です。

 

女性にとって高級レストランに

連れて行ってもらえることは

なによりの喜びです。

 

そしてセックス。

 

同世代の男性はガツガツしています。

 

若い男性は

自分がフェラチオしてもらうことと、

挿入のことで頭がいっぱいです。

 

女性はそれに辟易しているのです。

 

しかし大人の男性は余裕があります。

 

そこに魅力を感じるのです。

 

そして愛撫もねちっこくて長い。

 

いわゆるオヤジテクニックと

呼ばれる愛撫です。

 

セックス経験の少ない女性は

そんなセックスに喜びを感じるのです。

 

一度オヤジテクニックを経験した女性は、

濃い味付けに慣れてしまいます。

 

こうした現象は、

同じ世代の男性として頼もしく感じます。

 

「中高年あっぱれ!」です。

 

ところである女性は

23歳の頃から4年間、

バイト先のレストランのオーナーと

不倫の関係にありました。

 

彼は当時51歳で、

父娘ほど年が離れています。

 

彼女は

「彼のセックスは最高でした」

と言います。

 

飽きなかったそうです。

 

その彼と別れた後、

同じセックスを味わせてくれる男性と

めぐり合うことができずに

悶々とした日々を送っていたそうです。

 

「もう一度、とろけるようなセックスがしたい」

 

彼女はそんな思いをもって

私のモニターに応募されました。

※注 現在はモニターは応募していません。

 

私は彼女に彼のテクニックが

どんなものだったかを興味がそそられ

聞いてみました。

 

以下がその会話。

 

「彼は何時間でも私の全身を舐めてくれたんです」

 

「うんうん、それから…」

 

「えっそれだけですけど……」

 

一般にオヤジテクニックと呼ばれる愛撫は、

そのほとんどが、

口や舌を使った愛撫に終始します。

 

ここに限界があります。

 

女性の性感帯に、

理想的な刺激を的確に供給するには、

口よりも指の方が圧倒的に優れているのです。

 

それがアダムタッチです。

 

その後、彼女にスローセックスを

経験してもらいました。

 

彼女の感想はいうまでもありません。

 

明日に続く…

 

 

アダム徳永