アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★自分の都合しか考えない男たち
日付: 2016年09月26日

モニターレポート

昨日の続きより…

 

☆☆

ホテルの部屋に入ると、

何から何まで至れり尽くせり

で感動しました。

 

今までは男性とホテルへ入っても

「目的は1つ!」といった感じが丸見えで、

即行為が始まるか、

慣れた男性だと早々に

テレビを付けて見出したりして

「ここは家か?!」といった

くつろぎ様だったり……、

とまぁ~それはそれは

雰囲気を作るのが下手な

人ばかりだったので 

逆に男はこういう生き物なのか、

と思い込んでいました。

 

アダム先生はホテルに入ると、

手際よくしかもさりげなく、

お風呂の準備をし、

歯ブラシを開封して

コップに立てて入れて

バスマットまで引いて下さったので

「ここまでしてくれるの?!

とビックリしました。

 

落ち着いた感じの音楽をかけ、

しかも「何か飲む?」と聞いてくださり

「ココアがいい」と言ったら

お湯をわかしたり

ティーセットを準備して下さったり。

 

行為の前に飲み物を勧めてくれる男性は

世の中に何人いるのでしょう。

 

私は見た事も聞いた事もありません。

 

しかもこういう準備は

当たり前に女性がするものだと

思い込んでいました。

 

男性がしてくれるって

すごく居心地がいいです。

 

アダム先生のスローセックスは

タクシーを降りた瞬間から

始まっていたけど、

こういう事も含むんだな~と思いました。

 

お湯がたまったのでいよいよお風呂です。

 

お風呂にはアダム先生が先に入り

数分後に私は裸でそのまま

バスルームへ入りました。

 

先生に後ろから抱きかかえられる格好で

バスタブへ入り、

とてもソフトなアダムタッチが

始まりました。

 

照明は落とし

バスタブの中が色々な色に光るのが

幻想的でその中でゆっくり

動く先生の手が素敵で、

かつアダムタッチに

興味があった私は

まじまじと観察してしまい、

感じるようになるまでには

時間がかかりましたが

背が高くたくましい腕と胸に

包まれる感触に安心感がありました。

 

女性はこのようなスタートの

セックスなら誰でも嬉しいし、

相手に心を開きやすくなると思いますし、

スキンシップが好きな生き物なので

お風呂も一緒に入るとより良いと思いました。

 

でも初めてセックスをする男性と

一緒にお風呂に入るに至るまでには、

回数がかかる場合も多いし、

中には「風呂は一人で入るものだ!」

と言い放ち、

一緒に入る事に抵抗がある男性や、

「俺は朝風呂派だ」とか

「シャワーだけでいいから」とか、

何かしら理由をつけて

避ける男性も少なくありません。

 

女性を喜ばす事より

自分の都合しか頭にない男性が多く、

それに従っているだけの女性も

また多いという結果、

こんな風に愛を深められる

絶好のチャンスを逃している事が

非常に残念です。

 

 

☆☆

 

明日に続く…

 

無料電子書籍第3弾は

モニターレポートの特集です。

『女性が本当に満足する究極のスローセックス』

ぜひ並行してお読みください。

 

Kindle: www.amazon.co.jp/dp/B01KP6KA7G

ibookstore: http://ur0.biz/y7c1

過去のメルマガ一覧に戻る