アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★妻は不感症ではなかったのです
日付: 2016年08月14日

☆☆

 

本田ご夫妻(仮名)40代のご夫婦

 

このたびは3回にわたり

プライベート講習を受講させていただき、

ありがとうございました。

 

3回とも「目からうろこ」の講習でした。

 

もともと幼稚なセックス観しかなかった私が、

ご著書を拝読して、

まず人生観が変わり、

そしてプライベート講習を受講して

実際に人生が変わるような

セックスができるようになりました。

 

アダム先生には終始やさしく丁寧にご指導していただき、

自信をつけることができました。

 

今から思えば動物のような

性欲の処理のための

「ジャンクセックス」を

セックスだと勘違いし、

そのためか行為自体に

うしろめたさを感じ、

その結果セックスレスにはまるという

悪循環に陥っていたと思います。

 

年に1回か2回気分が乗れば、

たまにするという感じでした。

 

確かにそれまでのような

気分次第のセックスの仕方では

「気持ち良い」に程遠く、

遅かれ早かれ、

飽きが来てセックスレスになるのは

当然だと思います。

 

テクニックを身に着けたことで自信ができ、

精神的な余裕ができ、

夫婦で日常的にセックスについて

会話できるまでになりました。

 

最近では食事の予定をいれるように、

「今週は、いつしようか」と

いう感じでセックスしています。

 

二人ともスローセックスで

確実に高まることができるという

安心感をもっているため、

心身ともに癒されるための

すばらしいツールを手に入れた

という感覚です。

 

また講習が進むにつれ、

わかったことがありました。

 

家内はこれまでセックスで

挿入自体に違和感を感じていて、

膣が気持ちよいと感じたことが

なかったということです。

 

これは夫婦で話せるようになって

初めてわかったことです。

 

スローセックスのテクニックを

持っていない時に知っていれば、

家内は不感症ではないかと

とんでもない勘違いをしてしまうところでした。

 

それからアダム先生のご指導の通り、

膣の愛撫の方法、

クリトリスの愛撫、

Gスポット、AGスポット、

Tスポットと進むうち、

どんどん性感脳が開いてきて、

今では身体をよじらせて、

声をあげて悶えるようになりました。

 

家内に問題はなかったのです。

 

私の稚拙なテクニックに問題があったのです。

 

そういったことも、

プライベート講習を受けてご指導いただきながら、

不安なく自信をもって

進めていくことができました。

 

2年ほど前の夫婦の関係と、

今の関係は雲泥の差があります。

 

「セックスは神様からの最高のプレゼントです」

この言葉を夫婦ともども、

心から実感しております。

 

貴重なご指導をいただき、

本当にありがとうございました。

 

過去のメルマガ一覧に戻る