アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★70歳を過ぎた彼との楽しい逢瀬
日付: 2016年08月12日

アダム先生おはようございます。

 

山崎芳江(仮名)です。

 

彼と素晴らしい時間を

シェア出来たことに感謝して、

また日々頑張っていこうと思っています。

 

先生に教えて頂いた方法を試してみました。

 

彼の大きな胸に抱かれて、

私の大好きな彼のふわふわの胸毛を

バストに感じるだけでも

気持ちが高揚してきました。

 

身体を密着して、

お互いの性器が密着するように足を絡めあい、

優しいキスから始まり

時に激しく長い長いキスを

ずっと続けているだけで

触れあった下半身から溢れるような

快感が身体中に

広がっていくのを感じました。

 

私が我慢出来ないくらい悶えてしまって、

おねだりして乳首を優しく吸ってもらい、

彼のペニスでクリトリスを

愛撫してもらって、

彼の指が私の中に入ってきて

膣壁を優しく擦られただけで

身体が痙攣して高いオーガズムに

押し上げられてしまいました。

 

気が付いた時、

彼の優しいスマイルが私を見つめていて、

本当に幸せな気持ちになりました。

 

残念ながら彼のほうは

私ほどの快感は得られなかったようですが、

私を悦ばせる事が

とても楽しいし嬉しいと

言ってもらいました。

 

その後、彼のペニスを

沢山愛撫してあげました。

 

今思いだしても、

下半身が熱くなるほど彼が恋しいです。

 

私の彼は70才を過ぎており、

後何年一緒に過ごせるかと思うと、

共にいられる時間が

とてもいとおしく、

精一杯楽しく大切に過ごしたいと思います。

 

若いときには分からなかった

セックスの素晴らしさを

教えて頂いた先生に

とても感謝しております。

 

ありがとうございました。

 

毎日の先生のメールを

楽しみにしております。

 

また次回の逢瀬を報告させて頂きます。

 

☆☆

過去のメルマガ一覧に戻る