アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★童貞だった自分の初体験に感動
日付: 2016年08月11日

☆☆

 

山下(仮名)25

 

自分はつい最近まで童貞でした。

 

セックスするのが怖かったからです。

 

「相手に感じてもらえなかったらどうしよう?」

という不安がありました。

 

それが動機で

プライベート講習を受講しました。

 

そして先日ずっと友達レベルの女性と

意気投合し初体験を迎えました。

 

半信半疑ながらアダムタッチで

ゆっくりと彼女を愛撫すると、

「くすぐった~い」

と最初は笑われました。

 

でも徐々にキスやオーラルの愛撫を

混ぜていくと感じ始めたのです。

 

さらにアダムタッチを続けると、

なぜか腰が逃げるのです。

 

彼女に「どうして?」って

聞いても答えてくれない。

 

もしや・・・と思って、

優しくあそこを触ったら、

めちゃ濡れてました。

 

彼女に「濡れてるね」というと、

すっごく恥ずかしがって萌えました。

 

濡れてるおかげで

挿入もスムーズにいき、

「射精の為にセックスをするんじゃない」

というアダム先生の教え通りに

「好きだよ」と伝えながら、

ゆっくり優しく動きました。

 

リラックスしていたおかげで、

初体験にしては色んな体位が

できてよかったです。

 

対面座位、バック、騎乗位・・・。

 

AVみたくガツガツされても

女性は感じてくれないのだと、

身をもってわかったのもこの時です。

 

アダム先生のいってたことは

本当だったんだと感動しました。

 

その後彼女から

「絶対童貞じゃないでしょ!」

と責めたてられました。

 

 

■モーニングメッセージ

 

人は楽しい人生を願います。

 

しかしただ楽しいだけの人生は

現実的に不可能です。

 

なぜなら宇宙法則から反するからです。

 

この世は陰陽という関係性のバランスで

運行しています。

 

上がって下がって

昇って降りて

という波を打ちながら

人生は進んでいくのです。

 

楽しいことのあるけれど

辛いこともある。

 

嬉しいこともあるけれど

苦しいこともある。

 

悲しことや心配ごとが起きること

これは普通なのです。

 

そんなときは

「何故なんだ」と悩むまえに

「これが普通なのだ」と

思ってみてください。

 

随分と気は楽になりますよ。

 

 

過去のメルマガ一覧に戻る