アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★こんな楽しいセックス初めて
日付: 2016年07月22日

昨日の続き…

 

☆☆

 

イメージトレーニングと

シュミレーションが利いています。

 

すごい!

 

本当にこんな風に感じるものなんだ!

と感動しました。

 

全身アダムタッチを終えた頃には、

彼女はもの凄い濡れ方で思わず

 

「ええっ!」

 

と大きな声を上げてしまい、

彼女を恥ずかしがらせてしまう

くらいの濡れ方でした。

 

濡れ方は人それぞれ、

体質などもあると思いますが、

私などはたったそれだけでも

嬉しくて感動したものです。

 

今までは、

がさつに触っていたクリトリス愛撫も

触れるから触れないかの

超ソフトタッチを心掛けました。

 

それまで女性とのセックスでは

クリトリス愛撫を始めるとすぐに、

「もう入れて」

とせがまれていましたが、

今思えば私の愛撫ががさつで

痛かったからだったんでしょうね…

 

彼女はクリトリス愛撫に

何度かイッてくれたと思います。

 

Gスポット、AGスポット、Tスポット愛撫では

身を悶えながら、

声を出して感じてくれました。

 

彼女のあまりの乱れ方に、

もしかして彼女は苦痛を

感じているんじゃないだろうか?

もしかして痛みに

耐えているだけなんじゃないだろうか?

 

と心配になり、

途中で何度か、

「痛くない?」

「痛かったらちゃんと教えてね」

と確認してしまう程の乱れ方でした。

 

以前は5分で終わっていた挿入も、

ペニスで膣を愛撫するんだと意識し、

そして呼吸を意識しながら進めて行きました。

 

挿入時、彼女は私をうっとりした顔で、

濡れた瞳と優しく微笑みながら

受け入れてくれました。

 

本当に気持ち良さそうな、

満たされている顔だったように思います。

 

コンプレックスになっていた、

自身のオチンチンサイズも最早、

気にはなりませんでした。

 

いつもは正常位のみで終えていたのが、

対面上体立位、横向け上体立位、股交差上体立位、

対面座位などいくつかの体位も

スムーズに移行する事が出来ました。

 

夢中でしたので、

時間は測っていませんでしたが、

5分などはとうに越していましたし、

何度か射精しそうになりましたが、

呼吸と気の流れを意識する事で、

飛躍的に持続できたと思います。

 

セックスが終わった後の彼女の反応が、

今でも忘れられません。

 

添い寝をしていると彼女が突然、

「あれっ?何これ?あれっ?」

と言い出したので、「どうしたの?」

と聞くと、

「自分の体がうまく動かないよ!何これ?」

とケラケラ笑っていました。

 

彼女曰く、

体がジーンとして、

自由に動かせないような状態だそうです。

 

私とのセックスで感じてくれた様で、

とにかく嬉しかったと記憶しています。

 

そんな彼女とも色々ありまして、

別の道を歩む事になりましたが、

後日談でさらに嬉しい事がありました。

 

彼女とは社内恋愛でしたが、

彼女は彼女と仲の良い女友達に、

私と付き合っている事など

一部始終を話してしまっていたようです。

 

職場の仲間数人と飲みに出て、

お酒の席での事でした。

 

付き合っついた彼女と1番仲が良い女性社員が

私の隣に座っていたのですが、

小さい声で、

「A子と付き合っていたの知ってるよ~」

と言ってきました。

 

おいおい…内緒にしようと

彼女と約束したはずだったのに…

 

その後更に小声で、

「○○さんって夜すごいんですってね」

との言葉…

 

女性は仲の良い女友達には

何でも話すと聞いてはいましたが、

そんな事まで話すとは…

 

女性の怖さを知ると共に、

本当の正直な気持ちは、

「うおっしゃ!」

男としての自信が湧く出来事になりました。

 

今は別れた彼女に感謝しています。

 

その後、何人かの女性とお付き合いをし、

現在もスローセックスを勉強中です。

 

今の彼女は自分から求めて来るほど、

私とのセックスを楽しんでくれています。

 

「こんな楽しいセックス初めて」

と言ってくれています。

 

この度お話した過去の経験も、

今現在の私の幸せも、

徳永先生の書籍との出会いのお陰です。

 

徳永先生のお陰で男としての

自信を持つ事が出来ています。

 

いつかプライベートレッスンを

受けさせて頂きたく思います。

 

お会いできる日を楽しみにしています。

 

徳永先生大好きです。

 

先生の勇気と強さに心から尊敬申し上げます。

 

 

☆☆

 

いかがでしたか。

 

スローセックスは

私が考案したテクニックではありません。

 

神さまの啓示によってもたらされた

天のギフトなのです。

 

彼のように愛を持って

女性と接することによって

天からのエネルギーが働きます。

 

そして女性の性感脳を開き

女性を喜びの極みに誘うことができるのです。

 

ぜひ彼のように愛の思いを持って

スローセックスを実践してみてください。

 

素晴らしい感動が用意されていますよ。

 

 

アダム徳永

 

過去のメルマガ一覧に戻る