アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★絶頂を味わってみたかった
日付: 2016年07月19日

昨日の続き…

 

☆☆

 

私たちは、

互いにできることなら離婚したくない。

 

だから、もう一度、

セックスと向き合ってみよう。

 

とりあえずそういう結論になりました。

 

同じ方向を向いたのはいいけど、

今までのエッチをただ繰り返しただけでは、

ストレスが溜まるだけで解決しないのは、

目に見えています。

 

何か参考になる本でもないかなぁ~と

本屋さんをブラブラしていたら、

あったのです!

 

そう先生の著作

『スローセックス完全マニュアル』が!!

 

そこには今まで考えたこともない、

超ソフトタッチの愛撫法で、

しかも男性優位ではなく

女性は女神様のように扱ってあげるべきと、

記載されているではありませんか!

 

もう私の望んでいること、

思っていたことのすべてが、

この一冊にギュ~~ッと

詰まってるっていう感じで感動しました。

 

そして私は、

夫では味わうことがないであろう絶頂を、

どうしても味わってみたくなったのです。

 

今後の夫とのセックスの

参考にもしたいというのも事実ですが、

包み隠さずに言えば、

モニターに応募した一番の理由は

「女として感じてみたい。」

「先生の愛撫を受けてみたい」

という女としての欲望でした。

 

バスタブに二人で入って

後ろ向きに先生に抱きしめられました。

 

背中をアダムタッチ……。

 

ドキドキです。

乳首をそっとつまんで、

離されたのですが、

なんとも言えない心地よさでした。

 

そして少し足を開く格好になって

太ももへのアダムタッチ、

小陰唇への超ソフトタッチ。

 

自然と声が出でしまいます。

 

やっぱり夫とは、

違って、気持ちがいい……。

 

ED気味の男性には

早漏の人が多いと聞いたことがありますが、

やはり夫もそうでした。

 

それもあってか、

「ゆっくり感じさせよう」

という余裕が持てないようで、

いつも「挿入できるチャンスを逃すな!」

みたいな感じなのでした。

 

そういえば私、

ラブホで男性と一緒に

バスタブに入った記憶がないなぁ。

 

今考えてみたら

もったいなかったなぁと思います。

 

もちろん、夫とも。

 

明るい場所で裸を見られるのに

抵抗があったのですが、

こういう風に暗くすれば

いいだけのことでしたね。

 

ベッドにうつ伏せになって、

ベビーパウダーをかけてもらい、

パームタッチをしてもらいました。

 

子供のころ、

こうして母親に撫でられたなあ、

なんて思いながらリラックスしていると、

先生の手がふわっと浮きあがり、

アダムタッチに……。

 

背中がこんなにも気持ちよく感じる

場所だなんて知りませんでした。

 

ずっとタッチしていてほしい感じで、

途中あまりに気持ちよくて

よだれが出ちゃいました。

 

そして先生に

「まだ、これからだよ」

と笑われちゃいました。

 

仰向けになり、

やさしくキスされながら

顔、顎、首筋、鎖骨、腕へとタッチ。

 

わき腹、そけい部のタッチが

とくに気持ちよかったです。

 

そして乳首への愛撫。

 

徐々に下半身に近づいてきます。

 

太腿や臀部へのスクラッチは

思いのほか気持ちいいものでした。

 

もっとソフトに引っ掻くのかと

思っていたのですが、

私が想像していたスクラッチよりも

強かったです。

 

そして心地よい刺激です。

 

それから私の大好きな場所、

クリトリスを指で愛撫してもらいました。

 

今まで感じたことのない

フワフワした感じの愛撫です。

 

アダムオイルの

ヌルヌルした感触も気持ちよかった!

 

そしてクンニしてもらいました。

 

両足を抑えられていたのですが、

決して痛くはなかったです。

 

でも足は自由に動かせません。

 

まさにのたうち回る状態です。

 

自然と声が大きくなって、

しまいには叫んでいるような状態。

 

「先生! もうやめて~~!!」

って何度か言ってしまう。

 

ですので、

先生が「もうやめる?」と聞いてくれます。

 

「いや~! もっとやってぇ!!」

と答える私(笑)

 

クンニで汗をかくなんて、

考えたことなかったですから、

自分でもビックリ!

 

 

☆☆

 

明日に続く

 

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る