アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★カップル講習を奥様の誕生祝にプレゼント
日付: 2016年07月01日

先日カップル講習がありました。

 

金沢から40代のご夫婦が受講されました。

 

奥さまへの誕生祝いということで

ご主人が申込みされました。

 

素敵なご夫婦です。

 

お二人は私の本を読まれたこともあり

スローセックスのことは

知っておられたのですが、

ただの知識としてだけで

スローセックスの実践には

到っていないようでした。

 

奥さまはセックスは嫌いではないけれど、

膣では何も感じないとのこと。

 

ご主人は早漏の気があり

恐る恐るの5分が

やっとということでした。

 

これでは奥様も膣の快感が得られないまま

セックスが終わっても仕方ないことです。

 

講習の指導は

奥さまが膣で感じるようになること。

 

またご主人の早漏を克服することを

テーマにしながら進めることにしました。

 

二人の様子から

きっといい結果になるだろうと

いう予感がありました。

 

奥さまはセックスでイクときもあれば

イケないときもあるということでしたが、

女性として成熟したカラダで

アダムタッチに身をよじるほどに官能される

体質でした。

 

クリトリス愛撫では

ご主人の手先の器用さも手伝って

短い時間で何度もイクことができました。

 

さてメインテーマの早漏克服ですが、

呼吸法の指導とともに

如何にお互いの陰陽の気の交流を

円滑にするかに気を配りました。

 

講習も終盤を迎え

体位の指導に入り

実際に交接をしてもらいました。

 

読者の皆さんはこの

情景を想像されると

さぞかし異様な印象を

もたれることと思います。

 

しかし私は神さまの使いのようなものです。

 

男女の愛を豊かにするために

地上に来た存在のようなものです。

 

二人の意識から私が

消えているのではないかと思うほどに

私の存在に気をとめず

二人は没頭するのです。

 

そこには恥じらいや嫌らしさ

というものはなく

それがなんとも自然な空間なのです。

 

お二人の愛の波動が部屋に充満し

二人の楽しさと喜びがあるだけなのです。

 

対面上体立位の体位で

ご主人に呼吸をしてもらい陰陽の

エネルギーの交流に

意識を集中してもらいました。

 

それからゆっくりと腰を動かしてもらうのですが、

奥さまはすでにアダムタッチと

何度ものクリトリスのオーガズムで

性感脳は開かれています。

 

気に感応できる感覚が開かれることで

ご主人のペニスの性エネルギーに

奥さまは感じるようになったのです。

 

「ああ気持ちいい」

というセリフが何度も奥さまの口から

漏れるようになりました。

 

座位の指導では奥様から

腰を振って快感を貪り求めるまでに

なっていたのです。

 

騎乗位でも上下にしか動かせなかったのに

前後に腰を振って

子宮頚部とペニスのコネ合う

快感に目覚めることができたのです。

 

気が付いたら5分と持たない

早漏だったはずのご主人がすでに

30分近くペニスを膣から抜かずに

ピストンを続けているのです。

 

本人の喜びは如何ばかりなものでしょうか。

 

講習はあっという間に3時間が経過しました。

 

お二人にとって今日の出来事は

想像以上の最高のギフトになったに

違いありません。

 

私は二人の喜びに満たされた笑顔を拝見しながら

別れを告げ部屋を後にしました。

 

私の講習は決して安いものではありません。

 

しかし指輪や車や家を買うこと以上の

価値があるのです。

 

プライベート講習は

愛の価値を知った方のみ

受けることができます。

 

なぜなら神さまの恩恵だからです。

 

お釈迦さまは慈悲を説かれ

イエスさまは愛を説かれ

私は男女の性を説いています。

 

私はいつまでこの世に生きているかわかりません。

 

指導する数にも限りがあります。

 

この奇跡的な巡り合せの時代に

ぜひ神さまのギフトを手にしてください。

 

セックスでしか得ることのできない

喜びを手にしてください。

 

 

性の救世主であるアダム徳永より

過去のメルマガ一覧に戻る