アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

美しい日本女性を表現する言葉に、

「大和撫子」があります。

 

大和撫子とは、

清楚でりんとしていてつつましく、

一歩引いて男性を立て、

男性につくすような、

甲斐甲斐しい女性像のことです。

 

日本では古(いにしえ)より、

そんな女性が理想とされてきました。

 

しかし現代はそのような理想を女性に

求めるのは無理があるかもしれません。

 

ただ大和撫子の素敵なエッセンスは

ぜひ継承してほしいものです。

 

だからといって

形だけ真似しても意味はありません。

 

たとえば誰かにひと言

お礼を言うとします。

 

ここはちょっと大和撫子を意識して、

つつましくします。

 

あなたは静かな微笑みを浮かべながら、

小さく会釈をして、

ひかえめに「……どうも」と

お礼を言いました。

 

しかし大和撫子の美しさを

表現しているようですが、

どこかがおかしいところがあります。

 

それはあなたが発したお礼の言葉です。

 

言葉はとても大きな

パワーを持っています。

 

どんなに楚々とした、

かわいらしい姿勢と表情だったとしても、

肝心のお礼の言葉が「どうも」では、

その気持ちは相手には伝わりません。

 

大和撫子の美しさとは、

言葉の美しさでもあるのです。

 

お礼を言うときに「どうも」ではなくて

「ありがとう」。

 

恐縮するときに「どうも」ではなくて

「恐れ入ります」。

 

謝るときに「どうも」ではなくて

「申し訳ございません」。

 

その気持ちのこもった言葉を

態度や姿勢にも表現するさまが

美しいのです。

 

あなたがカフェでウェイトレスか

ら注文を受けたとき、

「コーヒー…」と

ぶっきらぼうに返事をしたりしていませんか。

 

案外無意識にしているものです。

 

美しい女性は礼節を重んじます。

 

特別な場面で気をつけるのは

たやすいことです。

 

大切なのは日常の礼儀。

 

日々の暮らしで

見過ごしがちな礼節こそ、

あなたを美しく磨き上げるのです。

 

「コーヒー…」だけではなく、

この場合「コーヒーをお願いします」

と言い変えてみてはどうでしょうか。

 

「~をお願いします」と

ひと言添えるだけで、

とてもていねいで品のある表現に変わります。

 

コーヒーが運ばれてきたときも、

「どうも…」と

素っ気ない返事は禁物です。

 

「どうもありがとう」

と言い換えるだけで、

こころが伝わり、

お互い幸せな気分になれます。

 

またあなたがレジを済ませたあとは

どうでしょう。

 

つい無言でお店を出ていませんか。

 

そこにひとこと

「ごちそうさまでした」と

言葉を添えて会釈するだけで、

あなたのその姿に、

大人の女性の美しさが宿ります。

 

当たり前のことのように

聞こえるかもしれません。

 

でも案外このようなことのできていない女性が

多いのも事実です。

 

そのことに気づいて、

正しい習慣を見につけた人から、

ほんとうの美しさを

手に入れることができるのです。

 

 

アダム徳永