アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★セックスの素晴らしさを確認したい
日付: 2016年06月20日

今日は3回に分けて

マガジンハウスから出版した

「スローセックス・レポート」からの

抜粋をご紹介します。

 

☆☆

 

セックス自体は大好きで、

明るい性格の片瀬さん(仮名)。

 

今まで16人の男性経験をお持ちでしたが、

一度もイッたことがないと言います。

 

感じる部分がたくさんあるので

不自由はないが、

よく世間でいわれる

“イク”という状態を

体験したいという思いで

モニターに応募されました。

 

イクことにこだわる彼女の思いは

スローセックスで

どう変わっていくのでしょうか?

 

 

私はこれまで16人の男性と

セックスをしました。

 

今回モニターに応募した理由は三つあります。

 

1さらに深い快感があるのであれば、

それを味わってみたい。

 

2私はイッているのか確認したい。

 

3セックスの素晴らしさを再確認したい。

 

私はモニターを応募する際に

今までのセックス経験を

レポートにしてお送りしました。

 

アダム先生はそれをご覧になり、

セックスを肯定的にとらえている女性が

スローセックスに出会うとどう感じるのか

とても興味があったようです。

 

<略>

 

カウンセリング後、

タクシーでホテルに移動。

 

久しぶりのホテルに少し緊張。

 

「今日はとにかく先生に身をまかせよう!」

 

そう思って来たので、

浴槽に一緒に入ったときから

先生に身をゆだねて

快感を得ることに集中しました。

 

初対面の男性にこれほど

身をまかせることはあり得ないのですが、

お会いして1時間も経たない間に

なぜか信頼感が。

 

浴槽の中では、

先生に後ろから抱きかかえられるような

かたちで愛撫を受けました。

 

最初はやさしく、

ときに強く。

 

「気持ちよくなかったら絶対声を出さないぞ!」と

心に誓っていたのですが、

すぐに声が(笑)。

 

背中や脚をアダムタッチで触れられていると、

自然に「あは~ん」という吐息が……。

 

そして首を噛まれたときは思わず

「あっ」と声が出てしまいました。

 

すぐに乳首を触るのではなく、

胸の外側からやさしく

アダムタッチされるのも、

じらされてる感じが

とても気持ちよかったです。

 

今の彼氏は、

すぐに胸をつかんできて痛いので、

身構えてしまっていましたから。

 

というか、

思い起こせばほとんどの男性がそうでした。

 

先生にしがみついて

先生の手が私の脚の間に

到達した時にはすでにヌルヌル。

 

「もう濡れてるよ」と

先生に耳もとでささやかれました。

 

これまでは、

浴槽の中での愛撫は

お湯のせいで指を挿入されると、

つっかかる感じがして

痛かったのですが、

まったく痛みがありません。

 

痛みどころか気持ちよすぎて

声が止まりませんでした。

 

足先がカーッと熱くなっていました。

 

お風呂場が浴槽のライトのみで

薄暗かったことや

ライトアップによるムーディーな雰囲気、

入浴剤の香りなどもよかったです。

 

また湯船に浸かると快感が高まります。

 

時々シャワーも浴びず

セックスを急ぐ男性がいますが、

女性は湯船に浸かったほうが

絶対感度が上がると思います。

 

浴槽の中で向かい合っての愛撫。

 

この時点ですでに

トロけてしまっていました。

 

背中を触られてもキスをされても、

へろへろ。

 

浴槽に沈んでしまいそうだったので、

先生にしがみついて

快感を味わいました。

 

また私の股間に当たる先生の

硬いものをすごく意識していました。

 

十分過ぎるほど濡れていたので、

 

「もし、このままツルッて

入っちゃったらどうしよう」

 

「気持ちよすぎて死んじゃう」

といった感じでした。

 

<略>

 

ガウンを着てベッドに行くと、

先生は全裸で横たわってらっしゃいました。

 

「うわ~ん、目のやり場に困る。見れない!」と思い、

照れてしまう私。

 

先生の隣にうつ伏せになり。

 

ガウンをゆっくり脱がされるのも

いい意味で恥ずかしかったです。

 

こういう演出は、

脳がすごく興奮して素敵ですね!

 

明日に続く

 

アダム徳永

 

ラブホでのバスルームでの過ごし方は

DVD教材VOL.12

『ラブホテルで過ごす4時間完全マニュアル』

http://adam-tokunaga.com/2195/

で詳しく指導しています。

 

過去のメルマガ一覧に戻る