アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★セックスはリラックスが大切なのです
日付: 2016年05月18日

昨日からの続き…

 

☆☆

 

実際に先生にお会いしてみると、

第一印象から清潔で

気さくな印象を覚えました。

 

先生の事務所でお会いしたのですが、

通された部屋でどきどきしながら待っていると、

ドアをノックして先生が現れました。

 

その日初めて会ったとは思えませんでした。

 

それくらい自然体で接してくださったのです。

 

事務所で少しお話しした後、

ホテルへ移動しました。

 

移動中のタクシーのなかでも

いろいろな話をしました。

 

先生が私を緊張させないようにと

気遣ってくれていると感じました。

 

こうした状況はセックス前の

カップルに限らず、

職場や趣味の仲間同士でも

あり得ることだと思いますが、

二人以上の人間が揃えば、

お互いに共通する話題を探しながら会話を進め、

親交を深めていくことは

社会で生きる上でとても大事だと思います。

 

先生はとても気さくな方で、

私は出会ったばかりというのが

嘘のようにリラックスして、

まるで数年来の恋人同士のように

打ち解けていました。

 

「さあ、これから見ず知らずの男と

セックスのモニターをやるぞ」と

言うような堅苦しい意気込みは

微塵も感じませんでした。

 

私は以前付き合っていた彼と

ホテルに入ったときよりも

リラックスしていたように思います。

 

お風呂にお湯が溜まると

私たちは服を脱ぎました。

 

先生が先に浴室へ入り、

身体を流し終えた頃、

私も入りました。

 

背後から先生に抱きしめられる形で

お湯に浸かると、

ゆっくりとアダムタッチが

施されはじめました。

 

太腿や背中、腕などを

サワサワと撫でられます。

 

最初はくすぐったく感じましたが、

嫌な気はしません。

 

荒々しくさすったり

胸を揉んだりすることはせず、

しばらく撫でられていると

何だか「うふふ」と思える気分になってきます。

 

お湯のなかで敏感な箇所にもタッチされ

「もう濡れてる」と言われたときには

びっくりしてしまいました。

 

私はもともと感じやすく

すぐ濡れてしまう方だと思いますが、

ほんの少し触れられただけで

身体が潤ってしまうのは驚きでした。

 

お会いした当初から先生は

私を緊張させるようなことは

しませんし言いません。

 

この雰囲気作りが

何より大事なのだと思います。

 

相手への配慮があってはじめて

アダムタッチの効果が

表れてくるのではないでしょうか。

 

☆☆

 

明日に続く…

過去のメルマガ一覧に戻る