アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

今日も夫を立てる道の続きです。

 

ぜひこの機会に

夫を立てることの意義と価値

またその方法を集中的に学んでいきまようね。

 

■男性

 

共に何かをやっている時に男性を褒めるのが

1番効果があると思います。

 

奥さんが夫に対して

「~~してよ」と言うと

男はカチンときます。

 

できれば「~~してよ」

ではなく

「~~を一緒にやろうよ」

と言い換えて欲しいです。

 

すると男は凄くやり易いです。

また簡単なことでも

褒めてもらうと嬉しいです。

 

■男性

 

私は亭主関白です。

その代わり妻を守るのは自分の使命と考えています。

 

妻は従順で私の意見を通してくれます。

妻は夫の立場を尊重してくれます。

優しくする気持ちを持ってくれています。

 

男を立てるということでは

外では男の意見を尊重し行動を抑制し無いこと、

特に趣味には口出しせぬことだと思います。

 

私は何時までも妻を大切にして

生きたいと思っています。

 

妻の代替えは有りません。

 

■男性

 

私の妻は

「あれやって、これやって」といって

私がそれに対して要求通りに出来なかったとき、

イラついてしまうようです。

 

そして結構きつめに言われます。

 

特に車の運転など。

 

車の運転は私より妻の方が上手なので、

至らないところが目につくのでしょう。

 

教官並みに言われます(^_^;)

 

そこをもう少し口調を柔らかく

してくれると嬉しいなぁと思います。

 

■女性

 

たとえば工具を使うとか、電気関係とかをしてもらったとき

可愛く「ありがとう」と言う。

 

たとえばプロスポーツとか車とかの会話で

可愛く感心する。

 

うちの旦那はどうも

『頼まれたり、頼られたり』すると嬉しいようです。

 

特に自分が得意だと思っている事を頼まれたり、

自分がよく知っている事を尋ねらたりして、

ちょびっとでも賞賛されると、

天まで昇りそうです。

 

立てるとは尊重することだと感じています。

 

■女性

 

夫の立て方ですが、

私ども夫婦は現在とても仲が良いです。

 

夫を立てる=

自分が我慢して相手に合わせるではありません。

 

何かを伝えたり一緒に行うときに、

相手にわかりやすい表現方法を心がけています。

 

男性の言語形態に合わせて話をするというか。

 

女性が感情的に物事を考えやすいのに対し、

夫はロジカルに物事を捉えるので、

できるだけまっすぐにロジカルに伝えるって感じです。

 

希望をまっすぐ伝える感じです。

 

男性の言語形態に合わせてみるが

私の立て方かもしれません。

 

それを踏まえた上で

・まっすぐに物事を伝える

・相手の趣味、嗜好を否定しない

・相手の家族を大事にする

・夫の洗濯物を宝物を扱うように大事に畳んでしまう

・「大好き」と空気を吸うように言う

って感じかなあ。

 

■女性

 

職業柄、手先が器用なので

何かと故障したり、

カンタンに治せるような修理など

全て依頼して治ったらべた褒めします。

 

カンタンにあけられる蓋やねじ締めも

わざとお願いしてできたらめちゃ褒めます。

 

仕事のグチをこぼすときは意見をよく聞いてあげて

アドバイスをしてあげます。

そして貴方は誰よりも努力家で

マジメでそんな貴方のことを尊敬していると言いいます。

 

彼は仕事のこと話すのが好きで

以外とグチが多いのですが、

受け止めて空気入れるのは

私の仕事だと思っております。

 

私は彼がへこんでいようと、

貴方が一番よといいます。

 

エッチに関しては

「今日はこういう感じ方をした」

「こういうエッチがスキ」

「貴方とすることがとても楽しい」

と褒めます。

 

今度はこういうシチュエーションで

貴方としたいといいます。

彼はそう言われるのがスキみたいです

 

出張中は朝晩

「今日も無理せず過ごしてね」といいます。

「今日もハードな勤務本当にお疲れ様」と労います。

 

男性は本来ねぎらって褒められたいのですよね。

 

 

☆☆

 

皆さんそれぞれに

いい夫婦であることに努力されている様子が

伝わってきます。

 

生の声は説得力がありますね。

ぜひ皆さんの意見を

幸せな夫婦になるための学びにしてください。

 

ではまた明日も引き続き

メールをご紹介しますね。

 

 

アダム徳永