アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

「夫をたてるにはどうすればいいのか」

 

そのご意見を皆さんに募集しましたところ

多くの方から意見をお寄せいただきました。

 

予想以上に多くの方から熱烈なメールを

頂戴しました。

 

奥さまの心温まるメール、

夫から妻への感謝メール、

夫の希望のメール、

また独身の方々からのメール、

色々な視点からのメールなど

真剣に人生と向き合っておられる様子が

ジンジンと伝わってくるものばかりです。

 

皆さんの愛に感動しました。

 

ありがとうございます。

 

生きた宝が詰まっています。

 

私一人で留めるには

もったいなすぎます。

 

ぜひ皆さんとメールを

共有したく思います。

 

そしてともに夫を立てることについて

学んでいきたいと思います。

 

メールを通して

皆さんがより素晴らしい

夫婦関係を築いていただく

学びにしていただければと思います。

 

また独身の方は

将来のため活かしててください。

 

どれも素晴らしいメールなので

できる限りご紹介させて

いただきたいと思います。

 

一回では到底無理な分量なので

何回かに分けてご紹介させていただきます。

 

☆☆

 

■女性

 

私は男性をこのように立てています。

 

ちょっとしたことでも、

いちいち男性に確認します。

 

「電気暗くしてもいい?」

「髪の毛くくってもいい?」

「服脱いでもいい?」

「喉乾いたからお茶のんでもいい?」

など何でも聞いて、

男性の「いいよ」がもらえたら

動くようにしています。

 

そして、何かしてもらった時は、

高めの声で、

「ありがとう~~♪」

「うれしい~~♪」

「よかった~~♪」

「さすがだね~~♪」

などあなたのおかげで私は幸せよ~~♪

という気持ちをこめて、

気持ちを伝えるようにしています。

 

なんとなくですが、

男性が気分よく、

一緒にいてくれる気がします。

 

☆☆

 

■男性

 

自分の気遣いを褒めてほしい。

この人と人生を歩めて幸せ的な言葉がほしい。

挨拶や返事を大切にしてほしい。

自分の友人知人の前で夫を褒める。悪口は言わない。

夫の友人知人の前では一歩だけ控えている感じでいる。

子供の前でも同様。

夫がいないところでも褒める。

でもこれらは夫から奥さんに対しても同様ですね。

お互いを尊敬できる関係でいられるように

夫の努力も必要だと思います。

 

☆☆

 

■女性

 

私の苦手なこと、

出来ないことを夫がしてくれたとき、

「さすが~!」とか「助かった~!」

とか笑顔でいいます。

 

でもこれは自然に出るので意識はしていないかな。

 

あとは気をきかせてくれた時に

ありがとうと伝えます。

 

毎日の通勤本当に大変だと思うので、

それを伝えて感謝します。

 

 

☆☆

 

■女性

 

うちの夫は基本的には

家事は一切しない人です。

 

けれどもときどき食事の後に食器を

シンクまで運んでくれる時があり、

そういう時は大いに褒めます。

 

「ありがとう」を伝えるのはもちろん、

時には「いい子~」と

大げさに言って頭をなでたりします。

 

子供扱いと思われる人も

いるかもしれませんが、

意外に効果があります。

 

他にもどんな小さな事であっても

何かしてくれた時は必ず

「ありがとう」を欠かしません。

 

私は専業主婦で、

夫の収入で生活しているので

仕事を頑張ってくれるおかげで

生活できることも感謝して伝えています。

 

「私はなんにもできないけど」と言うと、

「いやそんなことはない」

「食事作りも洗濯も掃除も全部やってもらってる」と、

ちゃんと認めてくれています。

 

世の中には家事を仕事と認めず、

専業主婦の妻に

「仕事していない」と

言い放つ夫もいるそうですので、

本当にありがたいことです。

 

結局のところ、

何か特別なことをするのではなく、

日々小さな事の積み重ねではないでしょうか。

 

また毎日ハグとキスだけは欠かさずしています。

 

夫は毎日「今日もかわいいね」と

言ってくれます。

 

夫は自分のことを「愛妻家だ」と言っています。

 

アダムさんの「愛妻家」本、

「妻を愛する技術」も参考にしていますよ。

 

☆☆

 

明日に続く…