アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

「相手のために尽くす」

という志は素晴らしいことです。

 

しかしそのために自分を犠牲にしたり、

やせ我慢したりすることはありませんか。

 

たとえばこんなシーンを思い浮かべてください。

 

あなたは電車に乗って

座席に座っています。

 

すると一人のおばあさんが乗車して、

あなたの前に立ちます。

 

あなたはどうしますか。

 

きっとあなたはこのおばあさんに

席を譲ることでしょう。

 

問題はこのときのあなたの気持ちです。

 

「おばあさんに席を譲らなければならない」

「それがマナーだから」

 

もしそう考えて席を立ったら、

きっとためらいや気恥ずかしさを

感じるに違いありません。

 

しかし目の前のおばあさんが

あなたの祖母だったらどうでしょうか。

 

「おばあさんさぁ早く座って」と

なんのためらいもなく席を譲るでしょう。

 

おばあさんのために席を譲る

という事実は同じでも、

義務感による行動と、

愛による行動では、

本質的に大きな違いがあります。

 

「……しなければならない」

という意識があるかぎり、

息切れしてしまいます。

 

マナーの意識や

義務感から行動していると

疲れてしまうのです。

 

できれば素直に「……してあげたい」

という気持ちに転換したいものです。

 

ではそのためには

どうすればいいのでしょうか。

 

それは目の前に立っているおばあさんを

自分の祖母に見立てたように、

相手をあなたの愛する人と思うのです。

 

そうすれば、

「……すべき」が

「……してあげたい」という

思いに変わります。

 

そして「したげあたい」思いは

相手にとっても、

あなた自身にとっても

喜びとなるのです。

 

意識を切り替える習慣。

 

そのことを通してあなたは

人として成長することができるのです。

 

ちなみにこれは私の生涯の課題です。

 

 

アダム徳永