アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

私は日本女性の忍耐力には、

心から脱帽します。

 

皮肉を言っているのではありません。

 

忍耐という精神性は、

日本人の美徳かもしれません。

 

幼い頃に間近で目にした

“耐える母親の姿”は、

みなさんの記憶の中に残って

いるのではないでしょうか。

 

結婚生活を円滑にするために、

我慢や忍耐が必要なときもあります。

 

本当は夫に「バカヤロー」って

怒鳴りたい気分だけど、

それをグッとこらえる。

 

もっと贅沢がしたいけど、

子どもの将来に備えて我慢して節約する。

 

賢い妻なら誰も実践していることです。

 

我慢は大切だけれど、

幸せになるための本質は、

もっと別なことにあります。

 

それは努力することです。

 

我慢も努力のうちと

考える人もいます。

 

以前主婦のかたから

相談のメールをいただきました。

 

「もう3年以上も耐えてきました。」

「これ以上我慢できません。」

「私はどうすればいいですか。」

「もう離婚するしかありませんか?」

といった悲痛の叫びです。

 

彼女は3年以上耐えてきたと訴えます。

 

この考え方の根底に流れているのは、

今を耐えていれば、

問題は時間が解決してくれるだろうという

希望的観測です。

 

確かに時間が解決してくれる

問題もあるでしょう。

 

しかしこのメールをくれた彼女の場合、

残念ながら時間が解決してくれません。

 

なぜでしょう。

 

ただ耐えるだけで、

問題解決のために努力を

しなかったからです。

 

本人は一生懸命に頑張って耐えたつもりでも、

第三者が冷静に見れば、

3年間何もしないで問題を

放置していたのと等しい状態なのです。

 

解決するどころか、

事態はいっそう深刻に悪化していっても

不思議ではありません。

 

いずれ我慢の限界がくるのは

時間の問題だったのです。

 

私があなたに大切にしてほしいのは、

努力です。

 

夫婦間で問題が起こったときに

それを解決しようとする努力です。

 

この努力こそが夫婦円満の秘訣なのです。

 

アダム徳永