アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★自分ではイケるのに彼だとイケない
日付: 2016年02月22日

私はよく女性から

「マスターベーションではイケるのに、

男性とのセックスでイッたことがない。

これは私がイケない体質だからなのか」

という質問を受けます。

 

もしあなたがマスターベーションで

イケるのであれば、

セックスでイケない体質ではありません。

 

「今までの男性とのセックスでは、

一度もイクとこができなかった。」

 

それはその男性の技術力不足が原因です。

 

彼のセックスがジャンクセックスか、

それに毛の生えた程度のレベルだったからです。

 

そもそもマスターベーションのイクと、

セックスでのイクでは、

同じイクでも質も量も違います。

 

いくらマスターベーションの達人でも、

感じまくって絶叫するほど、

官能することはありません。

 

しかしセックスでは普通にあることです。

 

声が抑えられず、

わめき散らすほどに

官能してしまうことがあるのです。

 

実はマスターベーションよりセックスのほうが、

官能レベルは高いのです。

 

だとしたらマスターベーションより、

セックスのほうがイキやすいはず。

 

なのに実際はマスターベーションでしか

イケないのはなぜでしょうか。

 

実は官能レベルが高いセックスのほうが

イキにくいのです。

 

セスナが空へ飛び立つのに

大した滑走路は必要ありません。

 

しかしジャンボジェット機を飛ばすためには、

長い滑走路が必要です。

 

マスターベーションがセスナなら

セックスはジャンボジェット機です。

 

上空に飛び立つためには

長い助走距離が必要なのです。

 

マスターベーションのように

簡単にはイカなくなるかわりに、

イクときは大絶叫となり

深いオーガズムを全身で味わうことができるのです。

 

つまり

・マスターベーションはイキやすいが、官能レベルは低い。

・セックスはイキにくいが、官能レベルは高い。

ということなのです。

 

どっちを取るかという話ではありません。

 

成層圏を超えるような快感は、

二人で行うセックスでしか到達できない

愛の境地です。

 

マスターベーションならイケるというあなた。

 

あなたはセックスでも必ずイケるようになります。

 

時間をかけて正しい技術でしっかり愛撫されれば。

 

そのためには相手の男性に、

スローセックスの技術を

マスターしてもらうことが必要です。

 

それとあなたも彼に

「もう少しこうしてほしい」

「もっとそこをじっくり愛撫してほしい」と

自分の希望を口で伝えられるようになること。

 

この2つの条件がそろえば、

ぜったいにイケるようになります。

 

いずれにしてもイクことを目標にするより、

高い官能レベルを楽しめる

カラダになることを目標にして、

彼とのセックスを楽しんでください。

 

そうすれば結果的にイケるようになります。

 

 

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る