アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★自分のセックステクニックは何点ですか?
日付: 2016年02月20日

男性の皆さんに質問です。

 

あなたは自分のセックステクニックは

100点満点で何点ぐらいだと思いますか?

 

80点?

 

いやそこまでの自信はなくて60点?

それとも真ん中をとって50点でしょうか?

 

しかし残念ながらほとんどの男性は「赤点」です。

 

男性が女性をエスコートする際は、

いままでの人生経験が役に立ちます。

 

しかしセックスについては、

人生の経験値が役に立ちません。

 

極端なことをいえば、

いくら歳を重ねてもセックステクニックは

「幼稚園児」のままだったりするのです。

 

「あなたセックスが下手ね」

 

これは妻や恋人が

口に出せずにいる心の声です。

 

セックスは男と女二人だけの世界。

 

まさに「秘め事」です。

 

第三者が介入する余地はありません。

 

ビジネスなら上司や先輩から

学ぶことができます。

 

しかしセックスはすべて個人任せにされています。

 

誰かが手取り足取り教えてくれる

わけではありません。

 

サッカーや野球などのスポーツであれば、

監督やコーチが指導してくれます。

 

しかしセックスの場はそれがありません。

 

いくらセックスの経験を積んでも、

その「やり方」で本当によかったのか、

そうではなかったのかが

はっきりとはわからないのです。

 

またセックスが閉じられた

世界での出来事であるため、

男性は自分の都合のいいように

解釈する傾向があります。

 

未熟なテクニックが原因でうまくいかなくても、

「たまたま相性が合わなかった」

「女性の感度がよくなかった」

などと言い逃れができてしまうのです。

 

たとえばおっぱいが好きな男性は、

20分でも30分でも、

乳首をチュパチュパ吸ったりします。

 

反応がよければなおさらです。

 

しかし女性にしてみれば

「いい加減にして!」と

思ったりするのです。

 

おっぱいは性感のスイッチを

入れるためには重要です。

 

しかしいつまでも愛撫を続ける場所ではありません。

 

かく言う私も昔はいろいろな失敗をしました。

 

女性を喜ばそうとして、

全身を舐め回していた時期がありました。

 

文豪の谷崎潤一郎の小説を真似て

徹底的に舐めることを実践してみたのです。

 

手の指や足の指を一本一本丁寧に

舐めてみたりしたものです。

 

しかし女性に感想を聞いてみると

「気持ち悪い」と

言われたことを覚えています。

 

一般的なジャンクセックスとは異なりますが、

ただ舐めればいいというものでもありません。

 

いずれにしてもセックスもまた

習うべきものなのです。

 

ぜひ自分流を放棄して

素直な気持ちでセックスを習ってください。

 

 

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る