アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★彼とのセックスでもう我慢はしない
日付: 2016年02月05日

日本人のセックスは

前戯と挿入を合わせて20分がアベレージです。

 

男性はやたらとテクニックを重視しますが、

時間が短いことにはあまり

気にかけていないのが実情です。

 

 

女性にとってのセックスの三大不満の一つが

「前戯が短い」です。

 

20分そこそこのセックスで

女性が満足するはずがありません。

 

ところで男性が射精するためのセックスを、

私はジャンクセックスと言っています。

 

女性はこのようなジャンクセックスに

付き合わされているに過ぎないのです。

 

しかしおくゆかしき女性は、

不満があってもなかなかそれを

パートナーに申告できません。

 

母性本能の成せる技なのでしょう。

 

「私はイケなくてもいいの。」

「彼さえ満足してくれたら…」と

考える女性も少なくないのです。

 

射精という目的を達成する男性と、

不満を口にできない女性。

 

あまりにもわかりやすい

加害者と被害者の関係です。

 

私は男性を代表していつも

女性に申し訳ない心情でいました。

 

しかし最近少し考えが変わってきました。

 

女性もまたジャンクセックスの

共犯者ではなかろうかという

思いになってきたのです。

 

なぜならば、

何も口にしないことで、

女性は男性を増長させて

しまっているからです。

 

しおらしく健気で控え目な女性の姿は美しく、

大和撫子として私は誇りに思っています。

 

しかしだからと言って、

痛いセックスを我慢したり、

イッてもいないのにイッたふりをしたり、

不満がくすぶっているのに

何も言わないでいるのは、

自分をないがしろにするとともに、

セックスを虚しいものにしてしまうのです。

 

愛し合う大切な行為なのに、

セックスから愛を遠ざけてしまうのです。

 

やがてその結果、

セックスレスという最大の悲劇が訪れます。

 

セックスは楽しいもの、

気持ちいいもの、

最高に愛を感じ合えるものです。

 

こんなに素晴らしいセックスを

愛から遠ざけないためにも、

女性のみなさんにお願いがあります。

 

それは我慢しないこと。

 

そして自分の気持ちを

誤解のないように彼に伝えること。

 

彼から嫌われることを恐れて

自分だけ我慢しても、

永遠に幸せなセックスはできません。

 

自分の気持ちを伝えて怒るような男性は、

彼に愛などありません。

 

こちらから三下り半をつきつけて

とっとと別れたほうがあなたのためです。

 

ただ一点気をつけていただきたいのは、

男性はこうみえてとても

女々しく傷つきやすいもの。

 

不快な感情のまま口にされると

男性は凹んでしまいます。

 

冷静なときに自分の素直な気持ちを

誤解のないように自分の気持ちを伝えて話ください。

 

案外男性は「そうだったのか」と

新鮮な反応を示してくれます。

 

そして改善しようと努力してくれるものです。

勇気はいると思いますが、

素敵なセックスを実現できるのはあなた次第なのです。

 

 

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る