アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★勇気を出してセックスを話題にしてみよう
日付: 2016年01月24日

「話せばわかる」という

慣用句があります。

 

これはセックスにもそのまま通じます。

 

セックスの悩みは本当に

百人百様でいろいろあります。

 

それでもそのほとんどは、

二人が話せばわかることなのです。

 

逆に話さないからわからないのです。

 

私の元には日々さまざまな

悩み相談のメールが寄せられます。

 

その内容のなかには

「相手は何を思っているのか教えてください」

というのがあります。

 

私はそのメールを読むたびに思うのです。

 

私に聞くより

その相手に直接聞けば

すぐわかることなのにと。

 

「話さない」じゃなくて「話せない」と

あなたは思うかもしれません。

 

ではどうして話したくても

話せないのでしょうか。

 

諸悪の根源はセックスを

タブー視する意識にあるます。

 

「好きな人に自分のコンプレックスを知られるのが怖い」

「まじめにセックスの話をすると変な人だと思われそう」

 

だから本当は今のセックスに

疑問や不満があっても、

口をつぐんでしまうのです。

 

話せない理由も気持ちも理解できます。

 

しかし話せない空気を、

ほっておいても解決しません。

 

性の問題を

向き合うことから逃げていたら、

本当に幸せな恋愛も、

本当に幸せなセックスも、

本当に幸せな結婚も手にすることはできません。

 

一度きりの人生が

終わってしまうことになるのです。

 

男性のみなさんに知ってほしいことがあります。

 

それは男性の何倍も

女性のほうが話したくても

話せない悩みがあるという事実です。

 

気楽に性コミュニケーションができる

理想の関係づくりの第一歩は、

男性が先に踏み出しすべきだと思います。

 

まずは男性から勇気を振り絞って、

自分の性の悩みやコンプレックスを

カミングアウトすることです。

 

その勇気が、

女性が重い口を聞く呼び水になります。

 

 

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る