アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★女性の性的感性と欲求を全開すると
日付: 2015年12月07日

多くの女性はセックスで

積極的になることに恥じらいを感じ、

その自然な欲求を抑えてしまうことが

少なくありません。

 

スローセックスはそのような

不要な恥じらいを無くしてくれます。

 

なぜなら最高のオーガズムと

性的な悦びを経験した女性は、

そこで初めて性的感性と欲求を全開にし、

愛しい男性を愛撫することの喜びに

目覚めるからです。

 

射精至上主義のジヤンクセックスと

スローセックスとでは、

得られる快感・悦び・愉しみ・エネルギー、・愛情

それらすべてに大きな差があります。

 

「私のカレは、そこまでヒドくない」

「挿入する前にクリトリスでちゃんとイカせてくれる」

「彼のセックスに満足している」と、

イカせてくれるだけで合格点を

献上する慎ましい女性が多くいます。

 

セックスでイケることが

頂点だと思っているからです。

 

エベレストの頂上から絶景を

眺められる可能性があるのに、

公園の小山に登り、

「まあ、こんなもんかな」と

思っているようなものです。

 

その証拠にこのレベルで

合格点を与えている女性で、

一心不乱に腰を振り乱し

カラダをしならせ、

一滴の快感さえも逃すまいと

夢中になっている女性はいません。

 

大好きなカレのペニスが

可愛くてしかたがなくて、

舐めたり・さすったり・頬にすり寄せたりして

愛撫してくれる女性はいないのです。

 

本当のオーガズムを知ってはじめて、

自分からも「二人のセックス」をつくり上げようと

積極的になることができるのです。

 

「気持ち悪くてペニスを触れない」と

嘆いていた女性が、

相手の男性がスローセックスをマスターした途端、

「夫のカラダを開発したくて、

アダムオイルを買ってしまいました 」と、

うれしい報告をしてくれるくらいの変化があるのです。

 

そしてそのような女性をパートナーに持つことは、

男にとっても大きな喜びになるのです。

 

 

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る