アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★セックスの本質は快感の深さ
日付: 2015年11月28日

自分が思うように

感じられないと悩む女性の中には、

「相手が変われば、気持ちよくなるかも知れない」と、

不特定多数の男性たちと

セックスをする方がいます。

 

私はこの行為を不道徳なことだと

いうつもりはありません。

 

それで気が済むなら

やってみる価値はあるでしょう。

 

セックスは相性の問題でもありますから、

場合によっては功を奏することが

あるかもしれません。

 

けれど体験人数が増えれば

感度やスキルが向上するとは限りません。

 

セックスを難しくする必要はありませんが、

そんなに単純なものではありません。

 

愛を誓い合った男女が、

初めて迎える夜は、

とてもスリリングで、

エロチックな感情に支配されます。

 

そのためお互いの経験や

技術が少なかったとしても、

“初めて”ということが

そのまま興奮につながり、

ある程度の満足感を得ることはでしょう。

 

これは一夜限りのセックスでも、

セックスフレンド的な関係の相手でも

同じ原理です。

 

初めてのことは

どんな時でも楽しいものです。

 

けれどそれが2回3回と

回数を重ねていくとどうでしょうか。

 

少し冷静になると相手のことが

だんだんわかるようになってきます。

 

何回もベッドを共にしてもなお、

「またこの人とセックスしたい」

という男性であれば良好な関係が続きます。

 

ところで自称テクニシャンの男性はよく

「一晩で5回イカせたことがある」と、

女性をイカせる回数を自慢します。

 

しかし私からすれば、

セックスの本質がわかってないことを

自分から白状しているようにしか聞こえません。

 

回数を競うなどまったくくだらない話です。

 

肝心なことはイカせた回数や体験人数ではなく、

快感の深さです。

 

どれほど深く感じることができたかが

一番重要なテーマなのです。

 

ジャンクセックスに慣れてしまった女性には、

“深い快感”といっても、

イメージできないかもしれません。

 

“イク”という経験のない女性にとっては

「一度でもいいからイッてみたい」

と思われることでしょう。

 

しかし私が提唱するスローセックスの

イクレベルでは雲泥の差があります。

 

“イク”よりも遥かに高い快感。

 

一瞬だけではなく高原状態のように

10分も20分も続く快感の渦。

 

それが可能になるのです。

 

なぜ男の私がそのようなことが

確信を持って言うことができるのでしょうか。

 

かつてセッションを通して

多くの女性にスローセックスを

体験してもらったことがあります。

 

どの女性も喘ぎ悶え官能しまくるのです。

 

私はその姿を目の当たりにしたのです。

 

だからそう断言せずにはおれないのです。

 

理想のセックスに辿りつくためには、

一夜限りのセックスを繰り返しても

それを得ることはできません。

 

彼とセックスのコミュニケーションをとりながら、

スローセックスを実践することで

それが可能になるのです。

 

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る