★あなたはジャンクなキスをしていませんか


男女が優しく抱擁し、

自然と唇と唇が触れ合うキス。

 

キスは最初に男女の粘膜と粘膜が

触れ合う行為です。

 

二人を官能の世界に誘う

非常に重要な愛戯です。

 

まさに性エネルギーが交わる瞬間です。

 

しかしキスがとても大切な行為

であるにも関わらず、

皆さんのキスはいかがなものでしょうか。

 

平均15分という短い前戯の

一部に成り下がっていませんか。

 

キスを儀礼的に済ませ、

すぐに乳房を舐めるのではありませんか。

 

またはすぐに舌をねじ込み、

乱暴にキスをするのではありませんか。

 

ところで理想的なキスとは

どのようなものでしょうか。

 

感覚的な言い方をすれば、

それは感性で楽しむキスです。

 

五感をすべてフル稼働させ、

相手のエネルギーと

愛情を感じとるキスです。

 

食事に例えると、

乱暴なキスは空腹を満たすだけの食事です。

 

食事はお腹を満たすためだけに

あるのではありません。

 

匂いや風味、盛り付け、味覚、

歯ごたえなどを楽しむのです。

 

感覚が総動員されることで、

同じ食事でも料理が美味しく

いただけるようになるのです。

 

また料理をつくった方の気持ちまで

感じるのです。

 

感覚や感性が豊かになることで、

料理は幸福感をもたらすのです。

 

キスもまったく同じです。

 

性欲を満たすだけのキスと、

幸せな気持ちになるキスとは違います。

 

その決定的な違いは、

感性にあります。

 

ですからセックスの導入におけるキスは、

ソフトで繊細が基本となります。

 

お互いが盛り上がっている状況なら、

最初から濃厚で荒々しいキスも

あっていいかもしれません。

 

しかしキスが始まるやいなや、

いきなり舌を絡ませるのは、

前戯もしないで膣にペニスを

挿入するようなものです。

 

これは男性が性欲を

満足させるだけのものです。

 

キスは互いの感性を高めることが必要です。

 

深い感性でキスを楽しむことは、

そのままセックスを

深い感性で楽しむことにつながるのです。

 

キスの重要性と価値を知り、

ぜひ感性豊かなキスを

実践してください。

 

アダム徳永