アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

過去のメルマガ詳細

過去のメルマガ詳細

★女性は「セックスが上手な男」を愛する
日付: 2015年07月10日

私はスローセックスを研究するために、

その趣旨に賛同してくださった女性たちと

モニターというかたちセックスをしてきました。

 

その過程で「セックスは大嫌い」

と言いきっていたOLや、

「イツたことがない」という人妻が、

私の目の前では顔を紅潮させてあえぎ、

官能する姿を目の当たりにしてきました。

 

ところでそうして官能してくれた女性たちには、

ある共通した反応があります。

 

それはモニタリングの前は、

私に対し恋愛感情はないと

言っていたはずの女性たちが、

心底官能できたあとでは、

私に対して「愛情」のような

ものを抱いてくれているということです。

 

もちろんそこは大人同士ですし、

研究に協力した立場であることは百も承知。

 

それなのに心のほうが勝手に

「官能させてくれた男性を愛しなさい」

とささやきかけるのでしょう。

 

私は何も自慢話をしているのではありません。

 

もしあなたが本当のスローセックスを

身につけたなら、

私と同じように、

「官能してくれた女性から愛される」

ようになれるのです。

 

女性は男性以上に、

肉体で感じたことが

心にも反映される特長を持っています。

 

「性の悦び」は「心の喜び」であり、

その悲しみは心の悲しみになります。

 

女性の心とカラダは

無形のラインでつながっています。

 

セックスで本当に官能してしまうと、

その男性を愛さずにはいられない性を

持っているのです。

 

だからその自己防衛本能として、

自分を大切にしてくれる男性、

思いやりゃいたわりのある男性の愛撫にしか、

深い快感を覚えないシステムになっているのです。

 

あなたが女性に

心底愛されたいと思うのであれば、

まずは女性を愛するテクニックを身につけること。

 

それが絶対的な必要な条件なのです。

 

アダム徳永

過去のメルマガ一覧に戻る