アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

今日はあいさつについての話です。

 

ラーメン店に入って、

テーブルに着いたときのことです。

 

女性の店員さんが注文を取りにきました。

 

私の目の前に立ち

「いらっしゃいませー」と

私にあいさつをしたのですが、

顔はあさっての方向を向き、

別なことに意識を向けながら、

私にあいさつをしたのです。

 

安いラーメン店での、

取るに足らない出来事ですが、

私は決していい感じを受けなかったのです。

 

彼女の投げやりで義務的なあいさつで、

自分が軽視されたような気分になったからです。

 

この義務的にするあいさつ。

こころを込めず無表情なままの、

口先だけでのあいさつ。

 

私たちは意外とそれに近いあいさつを、

してしまうものです。

 

あいさつはしないよりはしたほうがましとはいえ、

こころのこもっていない義務的なあいさつは、

相手の人間性を無視しているのと同じことになります。

 

あいさつという行為は

あまりに日常的な行為であるため、

よく顔をあわせている相手だと、

ついつい惰性的になりがちです。

 

でもよく考えてみれば、

あいさつはお互いがこころを通わせる大切な機会です。

 

このすばらしい習慣を

惰性で終わらせてしまっては、

とてももったいない話です。

 

こころを込めたあいさつは、

相手の人格を尊重する気持ちの表われです。

相手を尊敬する行為です。

 

そのようなあいさつは、

相手のこころに伝わり、

よろこびをもたらします。

 

またそのようなあいさつは、

口にしたあなたの表情を豊かにし、

美しくします。

 

今日から人へのあいさつに、

まごころを込めてみませんか。

 

それが女性を美しくする

「美しさの種まき」となるのです。

 

アダム徳永