アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

昨日妻と『シンデレラ』の映画を観てきました。

以下はその映画の話ではなく

その時の出来事ついての話です。

 

二人静かに映画を観ていると

後ろの観客が妻の座席を蹴るのです。

 

妻は最初不快に思いつつも

遣り過ごしていたようですが、

あまりに頻繁なのでたまらず

私にそのことを伝えてきました。

 

それまで映画に夢中だった私も

後ろを振り返り注意を促しました。

 

しばらく収まったかのように思われたのですが、

程なくしてまた座席を蹴るのです。

 

今度は私の席まで感じるほどに

強く押し込むような圧力なのです。

 

どうやら足が長くてたまたま

座席に足が当たったのではなく

作為的に蹴っているようなのです。

 

実は後ろの観客は長身の男性ではなく

若い女性です。

 

しかも妊婦さん。

 

どうして彼女はわざと座席を蹴るのでしょうか。

 

これはあくまでも私の推測です。

 

私と妻はとても仲良く

映画も手をつなぎ

寄り添うようにして観ています。

 

ときにふと相手の頬にキスもします。

 

自然と幸せな気持ちを伝え合うのです。

 

実は後ろの女性はその幸せな様子に

腹を立てたのです。

 

たぶん後ろの妊婦さんは

なんらかの事情で幸せではなかったのです。

 

人の幸せを目の当たりにして

許せないほどの怒りがこみ上げ

感情を抑制できず座席を蹴ったのです。

 

つい最近我が子を檻に入れて

殺してしまった事件がありました。

 

常識では考えられないことです。

 

しかしそんなことが起こるのです。

 

人は自分が幸せでいると

人の幸せも喜ぶことができるのですが、

自分が不幸だと人の幸せを喜べないのです。

 

喜べないどころか

妬みや嫉妬・怒りすら覚えるのです。

 

これが人間の自然な感情の発露なのです。

 

私たちは平和な世界を願います。

 

そのためには一人一人が

幸せに生きるということが

なによりも大事なのです。

 

それが個人としての責任だと思うのです。

 

妻と手をつなぎ家路を歩く道すがら

幸せであることの大切さを

改めてかみしめた次第です。

 

アダム徳永