アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

アダム徳永公式サイト
メールでのお問い合わせはこちら

アダム徳永 公式サイト スローセックスを学び愛に生きましょう。
スローセックスはアダム徳永が提唱する究極の愛のメソッドです。

メールでのお問い合わせはこちら
メニュー

今やセックスレスは、

中高年カップルの専売特許ではなく、

若年カップルの間にも

急速に広がっているような気がします。

 

そして今では「草食系男子」などいう

言葉まで生まれました。

 

優しいけれど、

恋愛やセックスに消極的なタイプの

男子という意味です。

 

私は草食系男子という新語によって、

かつて援助交際という言葉が、

女子中高生たちに売春行為の罪悪感を

希薄化させたことと同じ恐ろしさを感じます。

 

私は男子たちが草食系になることも、

女子たちが草食系男子を

受け入れてしまうことにも大反対です。

 

草食系男子とは要するに男性の

中性化を指し示しているわけです。

 

女性と対照の存在である男性が中性化すると、

男性と女性が引き合う力が弱くなってしまいます。

 

それは単に恋愛やセックスにおける

不都合な事態というだけではなく、

人間の生きるエネルギーが

少なくなっていくことに直結します。

 

生きるエネルギーの源は喜びです。

 

喜びの源泉は欲望です。

 

欲望が強いほど喜びは大きいのです。

 

成功者は必ず強い欲望を持っています。

 

欲望が強いからこそそれを達成した時の喜びが

大きいのです。

 

しかし草食系男子なる言葉は

欲望をむき出しにして

ガツガツと頑張ることが、

ダサいとかカッコ悪いという印象を

造成してしまいます。

 

そもそも人間の欲望とは、

弱くなったり、

無くなったりするものではありません。

 

自分の中にはちゃんと欲望があります。

 

草食系男子は、

欲望が弱いのではなく、

ただ自分のプライドが傷つくことを恐れて、

欲望がないフリを

しているだけなのではないでしょうか。

 

性欲は生命の根源的なエネルギー。

自分の性欲を認めましょう。

 

そして女性を愛したいという思いを

大切にしましょう。

 

アダム徳永