★燃えるような「ドキドキ」が愛ではありません


ある奥様から

「どうしたら昔のように

ドキドキした関係に戻れますか?」

という相談のメールが届いたことがあります。

 

恋愛がスタートした頃は、

何もかもが新鮮で、

胸の高鳴りを感じるものです。

 

けれどその新鮮な気持ちは、

ずっと続くわけではありません。

 

出会った頃のドキドキ感も、

少し触れられただけで

心臓が息が止まりそうになる感覚も

時間とともに無くなっていきます。

 

「出会った頃のようにドキドキしたい」

その気持ちはとても良く理解できます。

 

しかしそのような気持ちを持つのは

恋愛のドキドキ感を、

愛の最上級だと考えている

からではないでしょうか。

 

恋愛という言葉は「恋」と「愛」の

二文字に分けることができます。

 

先に恋があって、

後に愛があります。

 

好きという感情が磁力となって

男女が惹かれあい一つになろうとします。

 

これが恋の本質です。

 

愛の本質は相手を思いやり、

大切に思う気持ちが醸成されて

強固な絆へと昇華することです。

 

つまり出会った頃のドキドキ感とは、

恋の最上級で愛の最上級ではありません。

 

 

では愛の最上級とはどんなものでしょうか。

 

ここで幸せな結婚を目指すみなさんに

知っておいて欲しいことがあります。

 

それは静かな愛の存在です。

 

「燃え盛る愛」

という表現と比べると、

とっても地味な言葉ですが、

静かな愛には幸せの本質があります。

 

愛とは温かい感情の交流です。

 

その積み重ねが

細胞分裂を繰り返し、

愛を大きく育てていくのです。

 

愛は育てば育つほど安定してきます。

 

安定しているからこそ、

夫婦は一緒に人生を歩んでいけるのです。

 

人生を通じて、

さまざまな苦楽を重ねていくことで、

深くて静かで穏やかな愛の宇宙が

広がっていくのです。

 

燃えるような恋に憧れるのが

人間の本能かもしれません。

 

しかし打ち上げ花火のように、

パッと咲いてパッと散ってしまう

切ないひと夏のラブストーリーを

何回繰り返したところで、

本当の幸せは訪れません。

 

しかしあなたが、

静かな愛の価値を知っていれば、

幸せの本質に触れることができるのです。

 

もしあなたが

「なんか最近、以前みたいな新鮮さがないな…」

「ひょっとして倦怠期?」と

ふたりの愛を疑いそうになったら、

この静かな愛の存在を思い出してください。

 

静かな愛のイメージを言葉にすれば、

「一緒にいるだけで幸せ」

ということになるでしょうか。

 

お互いを気遣いながら手をつなぎ

公園を散歩している老夫婦。

 

これが私の理想とする静かな愛の完成形です。

 

アダム徳永