★セックスに相性は在るのでしょか


セックスが合うパートナーのことを

「肌が合う」とか

「カラダの相性が良い」といいます。

 

では具体的には何を指しているのでしょうか。

 

女性器と男性器のサイズが

ピッタリと合うことなのでしょうか。

 

私が辿り着いた結論は性欲のバランスです。

 

世の中には生まれつき性欲が強い人と、

そうでない人がいます。

 

一晩に何回でもOKな男性もいれば、

セックスに淡白な草食男子もいます。

 

これは女性も同じです。

 

相性の話をわかりやすくするために、

性欲のレベルを

「強い男性」「弱い男性」「強い女性」「弱い女性」の

4つに分類して説明します。

 

理想的な組み合わせは、

言うまでもなく「性欲の強い男性」と

「性欲の強い女性」です。

 

お互いにセックスが大好きですから、

最高のセックスライフを過ごせる

可能性があります。

 

では、「性欲の弱い男性」と

「性欲の弱い女性」の組み合わせ

はどうでしょうか。

 

ちょっと面白味に欠けますが、

相性としては決して悪くありません。

 

なぜならセックスの回数が少なくても、

お互いに性欲が弱いわけですから、

セックスレスが原因で

不仲になることはないからです。

 

厄介なのは、「強い」と「弱い」の組み合わせです。

 

夫が淡白で妻が強いパターンは最悪です。

 

どうしても性欲が強い方が

弱い方に合わせないといけないため、

性欲が満たされない思いは

欲求不満が蓄積し

潜在的な怒りになったり

ウツをもたらす原因になったりするのです。

 

同時に性欲が弱い方も決して

愛情がないわけではないので、

パートナーの欲求に応えてあげられない

負い目が生まれたりします。

 

結局お互いに幸せをもたらすセックスが

悩み苦しむ種になってしまうのです。

 

もしあなたがいま、

彼氏彼女募集中や婚活中ならば、

ここのところの相性を十二分に

考慮されることを願ってやみません。

 

「結婚すればなんとかなる」と

甘い考えの女性は少なくありませんが、

残念ながらこの判断は自殺行為です。

 

もちろんセックスが

人生のすべてではありません。

 

しかしひとつはっきりと言えることは

セックスの相性を甘く見ると

後々大変な苦労が待っているということです。

 

くれぐれも私からのお願いです。

 

異性を選ぶときはぜひセックスの相性を

最重要課題にしてください。

 

 

アダム徳永